乃木坂46 新4期生『乃木坂工事中』初登場への期待 新メンバー5名のキャラクターをおさらい

 春の音楽特番で乃木坂46が出演する度に、白石麻衣と井上小百合の卒業を実感する近頃。その一方でグループ内で進行しているのが、今年2月に坂道研修生から新4期生として配属が決まったメンバーのメディア露出だ。

乃木坂46『しあわせの保護色』(Type-A)

 坂道研修生とは、2018年に行われた乃木坂46、欅坂46、日向坂46の新メンバー合同オーディション合格者のうち、グループに配属されていなかったメンバー。2019年10月より東名阪で開催された『坂道グループ合同 研修生ツアー』を経て、乃木坂46には黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於の5名が加入した。配属先発表のSHOWROOM配信から約1週間後、ナゴヤドームで行われた『8th YEAR BIRTHDAY LIVE』(以下、バスラ)最終日にはファンの前に初めてお披露目を果たす。そして、本日4月5日には『乃木坂工事中』(テレビ東京)に新4期生が番組初登場。それぞれの自己紹介では“スパルタ設楽塾”が開校し、さらにはHK3(日村嫌い3)も緊急登板と、これまでの先輩メンバーがプレゼンする形式とは一風変わった番組構成になりそうだ。

 本稿では、放送を前にそれぞれのメンバーがどんな人物なのか、一人ひとりの解説を行っていく。

黒見明香(くろみ はるか)

 3歳まで香港で育った帰国子女。ブルース・リーに憧れ、特技は剣術というカンフーガールの一面は、個人PV『乃木坂功夫美少女 明香』にも遺憾無く発揮されている。真っ直ぐで一途な性格。憧れのメンバーには、セミナーの場で「苦手なことも武器にするのが大事」と指南してくれたキャプテンの秋元真夏を挙げている。英語に加え、中国語を勉強中。アジア進出が著しい乃木坂46にとって、さらなる追い風を吹かせるメンバーになりそうだ。

佐藤璃果(さとう りか)

 初の岩手県出身メンバー。憧れは同じ東北出身で同学年、いつも勇気をもらっている久保史緒里。小学校5年生から7年間、トランペットを吹いていた。自称、優柔不断でネガティブな性格ながら、たくさんの方の支えや希望になれることを目標に掲げている。

林瑠奈(はやし るな)

 見た目はクールだが、ハキハキと喋る元気で明るい一人っ子。関西の兵庫県生まれということもあり、面白いことが好き。キャッチフレーズは「負けるな、しょげるな、林瑠奈。今日も1日頑張るな」。「命を懸ける」はインタビューやコンサートなど多くの場面で彼女が今後の目標に掲げている言葉。演技のほか、その透き通った歌声も披露している個人PV『林、林をおえよ!』の動画は、新4期生の中で最も再生数を伸ばしている。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!