Perfume、「Challenger」MV完成までの軌跡 11歳小学生の“挑戦”に対する思いが映像に

 Perfumeの楽曲「Challenger」のミュージックビデオ企画案を募集する『Perfume “Challenger” MUSIC VIDEO PLAN CONTEST』で、11歳のHirotoさんによる企画『つながり~過去を超え・今を生き・未来を創る~無限の可能性を秘めた僕らはチャレンジャー』がグランプリを受賞した。

Perfume『Perfume The Best “P Cubed”』

 「Challenger」は、昨年9月にリリースされたベストアルバム『Perfume The Best “P Cubed”』の1曲目に収録された楽曲である。実は、この曲のオリジナルは今から16年前に作られており、当時Perfumeのプロデュースを打診された中田ヤスタカが、彼女たちのマネージャーに“参考曲”として聴かせたことが、現在に至るタッグの始まりだったという。そのオリジナル曲をPerfumeの“今”に書き換えリアレンジした「Challenger」は、ヤスタカとPerfumeが出会うきっかけになった曲であると同時に、これからのPerfumeにとっても大切な曲。そのMVを「皆さんと一緒に創りたい」との想いから、本コンテストはスタートした。

 「私たちは、楽曲を聴いた(MVの)監督から出てくる感想や、そこから浮かぶアイデアを本当に楽しみにしています」と、本コンテストの概要を発表するビデオの中で、あ~ちゃんは言う。

“Challenger” MUSIC VIDEO PLAN CONTEST 開催決定!

 「私たちの作品を観たり聴いたりして、このチームに入りたいという夢や憧れを持ってくれている皆さん、これからの夢でいっぱいのキラキラとした皆さんに、是非新曲を聴いて想像してほしい。そのアイデアを、私たちを通して形にしてほしい」(あ~ちゃん)

 また、かしゆかは本コンテストについて「(「Challenger」は)何か新しいことにチャレンジする人を応援したい気持ちが詰まった曲なので、ぴったりの企画」とコメント。参加資格についてはのっちが、「全員です! 映像に関わったことがあってもなくてもみんな大丈夫。もちろん年齢性別問いません。どんな企画でも構いません。皆さんの想いさえあればそれを込めてどしどし応募してきてください」と呼びかけると、「5歳の子でも、60歳の大人でもいいというわけですよね?」とかしゆかが付け加えた。

 昨年9月21日から応募が始まると、世界各国から実に1,000組以上の応募があったという。それをメンバーはもちろん、映像監督の関和亮やPerfume制作スタッフが選考。最終プレゼンテーションには13組の“チャレンジャー”が残った。本コンテストの特設サイトへ行くと、その全ての企画内容を見ることができる。YouTubeを使って解説するものや、絵コンテにカット割まで細かく作り込んだもの、見どころをQ&A方式でまとめたものなどフォーマットは様々で、どれもチャレンジャーたちの並々ならぬ熱意を感じさせる。

Perfume “Challenger” MVコンテスト:プレゼンテーション

 個人的には、ヤスタカの自宅レコーディングスタジオに設置された電話ボックスのような録音ブースを“キューブ”に見立て、そのドアがZepp、武道館、コーチェラへと無限に世界が広がっていく“どこでもドア”になっているという、カワバタヒロノリさんが企画した『チャレンジャーレコーディングボックス(通称:どこでもボックスピーキューブド)』が印象に残った。

 そんな中からグランプリに選ばれたのが、Hirotoさんによる『つながり~過去を超え・今を生き・未来を創る~無限の可能性を秘めた僕らはチャレンジャー』だ。最終プレゼンテーションには父親も同行していたが、企画内容をパネルでまとめ、審査員席に座るメンバー3人、関監督、Perfumeの振付を手がける演出振付家・MIKIKOの前で、物怖じすることなくプレゼンする様子は圧巻だった。

Perfume “Challenger” MVコンテスト:グランプリ発表!

 実際、グランプリの選考は満場一致で決まったという。「『これを撮りたいんです』という強い想い、私たちへの愛が伝わってきた」と、発表動画の中であ~ちゃんが振り返ると、「こっちの心を揺さぶるような温度を感じる言葉だった」とかしゆかも同意する。現場の様子についてのっちは、「本当にHirotoくんから出てきた言葉だったし、お父さんも『私の息子がこんなに素晴らしい表現をするなんて』と驚いていた」と明かした。

「もう何度も何度も自分の中で考えて、一人で考えて、いっぱいいっぱい書いて、彼の中から出てきたものだから、本当に心を揺さぶられて、みんな大泣きでした(笑)」(あ~ちゃん)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる