Karin.、熊川みゆ、湯木慧、みゆな……女性シンガーソングライターたちの赤裸々な感情表現

Karin.、熊川みゆ…女性シンガーの赤裸々な感情表現

 いつの時代であろうと「シンガーソングライター」は現れる。自分にしかわからない気持ちを、やむにやまれず手にした楽器と歌を武器にひとりで音楽にし発信するという本質は変わらないからだ。表現のフィールドはライブハウスからTikTokまで広がったし、使うツールもギターからDAWまで多様化したが、その分、個々の表現は研ぎ澄まされ、そこには鋭敏な孤独と苦悩がヴィヴィッドに描き出されている。

 たとえば、熊本出身の18歳で、3月4日に初のCDリリースとなる1stアルバム『Phantasm』を控えた熊川みゆ。アコースティックギターを主体としたサウンドと、洋楽的なテイストの強いメロディと譜割りに、力強い歌が乗る。幼少期から学んできた民謡(全国大会への出場歴もある)を通して培ってきた発声と表現力には、聴く者の耳を一瞬にして奪うパワーがある。〈変わらないものなんてなくて 僕等残酷に変わってくけど/忘れたくないんだ 忘れたくないんだ〉(「sixteen」)の10代後半の葛藤やゆらぎをストレートに刻んだ歌詞は、シンガーソングライターという表現の原点を思い起こさせる。

熊川みゆ 「sixteen」

 その点、より幅広い領域で表現を追求しているのが大分県出身の21歳、湯木慧だ。彼女の最大の特徴は、イラストやペインティング、インスタレーションといった表現も音楽同様に位置づけて活動しているところだろう。その作品を見ると、彼女の音楽とまったく同じ感情が渦巻いていることに驚く。そして、音楽においても彼女の表現は視覚的だ。弾き語りをベースにしながらもそこに色を塗りたくっていくように施されたアレンジの筆跡が、彼女の激情を浮かび上がらせるのだ。

「一匹狼」 湯木慧 MV

 宮崎県出身の17歳、みゆなもおもしろい。彼女の場合、自作曲と提供された楽曲の割合が半々なので「シンガーソングライター」と一括りにしてしまうのは少し語弊があるのだが、特筆すべきは自分の曲だろうと誰かの曲だろうと自身の表現として貫通してしまうその声だろう。歌詞の中では17歳とは思えない大人びた情景を描く彼女ではあるが、一方でその根底にあるのは〈この暗い世界に/一つだけでも良いから/幸せはありますか?〉(「color」)という切実な訴えだ。そのピュアな感情が多彩でハイクオリティな意匠をまとったとき、幅広い層に刺さる極上のポップスに生まれ変わる。

みゆな – color【Lyric Video】

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる