V6 坂本昌行、関ジャニ∞ 安田章大、Sexy Zone 中島健人……ソロ曲も根強い人気を持つジャニーズメンバー

Sexy Zone 中島健人

 絶対的“王子様キャラ”を貫く、Sexy Zone・中島健人。そんな唯一無二のキャラクターも然ることながら、中島のソロ曲でも“ケンティーワールド”が炸裂している。王道の「Teleportation」をはじめ、クールな「Mission」や「Black Cinderella」、ピアノの腕前まで楽しめる「ディア ハイヒール」、どことなくブルーノ・マーズを彷彿とさせる「Mr.Jealousy」など、どんな曲調でも中島が歌うとピッタリとハマるから不思議だ。だが、中島のソロ曲と言えば「CANDY 〜Can U be my BABY〜」だろう。ポップでキュートなメロディ、「LOVE KENTY!」というコールアンドレスポンス、〈Candy〉、〈甘いミント〉、〈sweetie pie〉などの可愛らしいワード、ダンスをしながら振りまかれる中島のキラースマイル、王道アイドルソングの要素全てが詰まっている。最新アルバム『POP × STEP!?』のソロ曲「SHE IS…LOVE」はEDM風の楽曲であったりと、常に進化を遂げている中島のソロ曲。次はどんな楽曲を聞かせてくれるのか楽しみだ。

 その他にも、ソロ曲で自分の世界観を存分に発揮しているジャニーズメンバーは多い。人気のソロ曲はもちろん、気になるメンバーのソロ曲をチェックすることで、より彼らのことが理解できるかもしれない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる