LUNA SEAは常に“今”が全盛期だーー圧巻のオーラ放った『LUNATIC X’MAS』を観て

LUNA SEAは常に“今”が全盛期だーー圧巻のオーラ放った『LUNATIC X’MAS』を観て

 2019年12月21日、22日の2日間にわたりさいたまスーパーアリーナにて開催された、『LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019 SAITAMA SUPER ARENA 2days』。アリーナクラスならではのスケールの大きな演出や、近未来感のあるアートワークでSLAVE(LUNA SEAファンの呼称)たちを魅了した。一度は“終幕”という形を選択したこと、ボーカル・RYUICHIの癌、ポリープの手術など、さまざまな困難を乗り越え30周年という節目を迎えたLUNA SEAが贈るクリスマスライブ。本記事では、2日目のレポートをお届けしたい。

 暗転した会場が歓声に包まれると、神々しい讃美歌と共にLEDライトのついた円盤状のミラーが天井から舞い降り、フロアへ光の柱を立てる。まるでUFOの飛来シーンを見ているようだ。そんな幻想的な演出から始まったライブの一曲目は最新アルバム『CROSS』収録の「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」。RYUICHIの伸びやかな歌声と、歌うように奏でるSUGIZOのギター、INORANの職人技が光るギター、ロックなJのベース、そして力強い真矢のドラムが重なると、“これぞLUNA SEA“という圧巻のオーラがある。つづく「The End of The Dream」ではイントロで早速特効が鳴り響き、客席のボルテージはガンガンに上がっていく。広いステージでは、INORANとSUGIZOが笑い合いながらギターを弾いたり、生中継するカメラに向かって舌を出したりと、イキイキと動き回るメンバー。曲終わりには真矢が早くもドラムスティックを天高く放り投げ、序盤からすでに気合十分なことがわかる。「会いたかったぜ!」と声を上げるRYUICHIが「昨夜を超えていきたい」と意気込みを露わにすると、早くもキラーチューン「ROSIER」を披露。真っ赤なライトが照らすステージを縦横無尽に走り回るSUGIZOは、スタンドに居る観客の近くまで駆けつけて煽り、観客もそれに応えるよう大きな歌声を返す。Jの英詩語りの部分では、割れんばかりの歓声が会場全体で湧きおこり、さらに会場の熱が上がっていく。その熱が伝わったのか、RYUICHIが白いロングコートを脱ぐと、間髪を入れずに「DESIRE」を叩きつけ会場を熱狂の渦へと巻きこむ。INORANは長いエクステを靡かせながら美しいターンを決め、観客の目をひきつけた。

INORAN

 「IN MY DREAM (WITH SHIVER)」では、RYUICHIの誘導で手を左右に振る観客たち。曲中、ドラムセットの前に集まり、真矢と目を合わせて笑うINORANとRYUICHIの姿は、まるで無邪気な少年のようだった。「Sweetest Coma Again」のイントロで歪んだギターの音色が響くと同時に大歓声が沸き起こり、その音を貪欲に求めるよう手を伸ばす観客たち。ステージには天井まで届くほどの縦長のスクリーンが突如出現し、会場を真っ赤なライトが照らす。客席の傍には青い光の輪がフワフワと舞い、怪しげな雰囲気がアリーナ全体を包み込む。かと思いきや、つづく「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」(TM NETWORKカバー)では、幻想的な虹色の光に会場が包まれ、明るく華やかな空気に一変。まるで二次元の世界に迷い込んだかのような雰囲気には、これまでのLUNA SEAには無かった新鮮さを感じた。会場を照らしていた光が全て消え、暗い闇の中で始まったのは「悲壮美」。RYUICHIの切ない歌声が、たっぷりと楽しめる贅沢なバラードだ。手を天高く掲げ目を閉じ、そっと胸に手を当てるRYUICHI。彼の歌声の余韻に浸っていると、不意にSUGIZOのバイオリンが響き渡り、そのまま「闇火」の世界へと誘われる。INORANのアコースティックギターの音色も混ざり合い、燃え盛る炎をバックに重厚感たっぷりのステージが始まった。緊張感のある静けさから、じわじわと熱を帯び、やがて獣のような鋭い瞳のRYUICHIの歌は熱唱へと変わる。一曲の間に、静から動への移り変わりを体感させられた観客は、あまりの迫力に圧倒されてしまう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる