植田真梨恵、思いの丈をぶつけた5周年記念ワンマン お台場の夜を彩ったパワフルな歌声

植田真梨恵、思いの丈をぶつけた5周年記念ワンマン お台場の夜を彩ったパワフルな歌声

 2019年11月1日、鮮やかな色とパワフルな歌声がお台場の夜を彩った。この日Zepp DiverCity(TOKYO)で行なわれたのは、『植田真梨恵 SPECIAL LIVE “PALPABLE! MARBLE! LIVE! -ANNIVERSARY 2019-“』。シンガーソングライター植田真梨恵の魅力的なパフォーマンス、ハイレベルな楽曲、そしてアーティスティックな演出……どれをとっても、メジャーデビュー5周年を記念するに相応しい素晴らしさであったことを、このレポートで伝えたい。

 満員のフロアの中、植田本人による開演アナウンスに続いて暗転すると、どこからともなく美しいハミングが聴こえてくる。ステージの上には白い繭のようなオブジェが二つ並び、スモークが立ち込めていた。神聖な雰囲気に飲み込まれた観客がじっとステージを見つめていると、不意に鋭いノイズがその空気を壊し、不穏な雰囲気へ。紫色のライトが怪しくステージを照らすと、前回(2016年)の『PALPABLE! BUBBLE! LIVE!』をなぞるように仮面をつけた5人のバンドメンバーが大きな箱をステージへ運び込む。肝心の植田は未だ姿を現さないまま、1曲目の「旋回呪文」が始まってしまう。また箱の中から現れるのか……? と思った瞬間、上手側に設置された繭のオブジェが突然破れ、這いずるようにして植田が登場! 思わぬ展開に驚く観客へ悪戯な笑みを浮かべた植田は、箱の上によじ登って足を組んでみたり、ドレスの裾を翻して両足を大きく広げたり、箱を押してぐるぐると回ってみたり。無邪気な少女とセクシーな小悪魔、どちらも兼ね備えた立ち振る舞いは、彼女ならではの魅力だろう。

 続く「流れ星」では、雰囲気が一転し、静けさをはらんだ空気へ。青いライトに照らされたステージの奥からは白いレーザーが放たれ、広い会場を切り裂いてゆく。その真っ直ぐな光は、植田の力強い歌声が我々の心に突き刺さる様とリンクしているようにも感じられた。「壊して」からは、豪華なバンドメンバーをフルに活かしたロックテイストの楽曲が続き、ハーフアップでまとめた長い髪を振り乱す植田は、楽しくて仕方がない! といった表情を浮かべている。ボルテージの上がった観客に向かって無邪気に手を振ったり、ステージに座り込んだりと、ここでも自由な振舞いを見せた。

 「泣いてない」のイントロでは歓声が沸き上がり、手拍子で会場が一つになる。「心と体」では、左手を天高く突き上げ叫ぶようにして歌う凛々しい姿が印象的だ。パワフルな植田の声が扇動するかのように、バンドのサウンドもさらに激しさを増し、爆音の渦に会場を巻き込んでゆく。「大切な歌を大切に歌っていきますので、今日は存分に楽しんでください」という植田の言葉通り、この日のライブはどこまでもパワー全開。力強く、そして透明感のある歌声は、2本のギターとヘヴィなベース、ドラムスにも決して負けていなかった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!