>  >  > オーラルらバンドのキャリア総括する新作

THE ORAL CIGARETTESから9mm、cinema staffまで キャリア総括する作品をピックアップ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8〜9月にかけて様々なバンドがキャリアを総括するような作品をリリースした。この記事では、バンドのキャリアが総括され、次の指針が見えるような作品を取り上げ、紹介していきたい。

THE ORAL CIGARETTES『Before It’s Too Late』

 まずは、THE ORAL CIGARETTESのデビュー5周年のタイミングでリリースされたベストアルバム『Before It’s Too Late』。インディーズ時代のキラーチューンから、最新のシングルまで網羅した作品だ。このアルバムは2枚組になっており、1枚目ではシングル曲を中心に、2枚目ではバンドのコアな魅力を孕んだ楽曲が収録されている。注目すべきは、2枚目のディスクの後半。「ハロウィンの余韻」から「LOVE」までの6曲が、“Redone Version”として再レコーディングされているのである。しかも、技術を磨いた今のバンドが改めて演奏し直したというだけでなく、ほとんどの楽曲が原曲から大きくアレンジを変えている。ギターロックから離れて、打ち込みの要素に舵を切ったような変化だ。

THE ORAL CIGARETTES Best Album「Before It’s Too Late」DISC 2 Trailer -2019/8/28 Release-

 元々、ダークな世界観や負の感情を躊躇なく形にして、独特の世界観を作り上げるのがTHE ORAL CIGARETTESの持ち味。今回のアレンジでは、そんなバンドSの個性をより体現している。今後のTHE ORAL CIGARETTESが、打ち込み主体のバンドサウンドに舵を切るのかは定かではないが、また新たな挑戦をしてくれることを期待したい。

9mm Parabellum Bullet – DEEP BLUE

 次に紹介したいのが9mm Parabellum Bulletの『DEEP BLUE』。ハードコアやメタルの匂いのあるサウンドに、歌謡曲的なメロディを組み合わせるのがバンドの良さであり、今作もそんなお家芸とも言える音楽性が所狭しと炸裂している。独特のギターリフや、唐突なツーバスの連打などは、そんな要素の1つである。なにより、今作では個々の楽器パートが熟達されて、サウンドそのものに鋭さが宿っている。滝善充(Gt)がライブ活動を休止し、思い通りにバンドを動かせない時期があった。それを乗り越えてきたからこそ、初志貫徹なロックサウンドを爆発させたのかもしれない。アルバム全体の装いだけでみると、今までの9mm Parabellum Bulletのサウンドの延長線上にあるような印象を受けるが、それは単に焼き直しなのではない。15周年というキャリアに相応しい、洗練された演奏力と、様々な出来事を乗り越えてきたからこそのバンドアンサンブルがいかんなく発揮されているのだ。

      

「THE ORAL CIGARETTESから9mm、cinema staffまで キャリア総括する作品をピックアップ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版