テヨンが大切にする“伝える”ということ 自身の現在地示した1stミニアルバム『VOICE』を語る

テヨンが大切にする“伝える”ということ 自身の現在地示した1stミニアルバム『VOICE』を語る

 テヨン(少女時代)の日本1stミニアルバム『VOICE』が6月5日に発売され、ランキングを好調に推移している。テヨンは2015年にソロデビューを果たし、韓国国内ではミニアルバム3作、フルアルバム1作、シングル3作(デジタル含む)をリリースしている。

 日本では、2018年にショーケースツアーを成功させたが、意外にも作品は発表しておらず、本作はファンも待ちに待ったリリースだ。全国ソロツアー『TAEYEON JAPAN TOUR 2019 ~Signal~』では、その圧巻の表現力でファンを魅了した。

Arrow
Arrow
撮影:田中聖太郎
ArrowArrow
Slider

 テヨンは「去年のショーケースライブを終えて、今回のツアーまでの間、ソロシンガーとしての自分自身についてより知ることができました。自分のいまの実力も含め『高揚すると自分はこうなるんだな、こういう性格なんだな』って、自分を振り返る機会になりました」と語っており、そんなツアーを経て制作に臨んだのが『VOICE』だ。改めて自分のことを見つめ直し、シンガーとして女性として成長を遂げ、進化した自身の“現在地”を、全てパッケージした。

TAEYEON テヨン 「VOICE」 MV

 「ソロとしてのアルバムになるので、私自身の想いを込めたいと思いました。私自身を表現している歌詞を歌いたかったんです。だから作詞家の方には、今私が言いたいこと、伝えたいことをお伝えして、とても美しい歌詞を書いていただきました。共感できる曲ばかりです。今の私、今という現実にいる私の気持ち、情緒を伝えたいと思いました。」とテヨン自身も話す通り、『VOICE』では、テヨンの等身大の想いを豪華作詞家陣が美しい日本語で紡いでいる。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!