日向坂46 東村芽依、欅坂46 鈴本美愉との共通点 「ときめき草」MVのソロダンスから考える

 ただそれには東村なりの流儀があるようで、『EX大衆』2019年4月号で彼女は、握手会で「パフォーマンスが好き」と言われることが多く、「ダンスで恩返しできたらいいな」という思いがあると明かし、また「それぞれの癖がありすぎてバラバラになってしまうとよくないので、揃えることを意識しながら、背が低いので手足を伸ばして踊ろうと心がけています」と答えている。揃えることを意識しているのは、欅坂の鈴本も同じようなことを語っていた。バラエティでは口数が少なく、パフォーマンスでファンに答えていく職人肌なところも共通している。鈴本が侍や武士と言った寡黙なイメージなら、東村は躍動感のある忍者や道化師といったところか。そして日向坂になり東村は「パフォーマンス力をもっとあげたいです」とコメントしていた。日向坂は佐々木美玲や齊藤京子といったダンスと歌を得意とするメンバーが目立つ中、パフォーマンスに特化したメンバーとして、東村はグループを引っ張っていく大きな存在になるはずだ。

 今までのMVでは、東村のダンスがフィーチャーされることはあまりなかったため、シングルデビューのタイミングで、東村本来のダンスのキレを改めて堪能できることは嬉しい。最近『ひらがな推し』で日向坂のファンになった人や、シングルデビューすることで興味を持った人にとっては、新たな発見となったはず。“ある時ふいに舞い降りる無敵モード”というコンセプトにピッタリの東村のダンス。ここを入口にして、3月23日に放送される『MTV LIVE PREMIUM:日向坂 46 -1st Story-』や、過去のライブ映像を見直すのも楽しいだろう。きっと「誰よりも高く跳べ!」での東村のアジテーションに驚かされるはずだ。

 今回は東村に注目したが「ときめき草」のMVは他にも、加藤と佐々木久美という普段から仲の良い二人が「悩み苦しむ人物(加藤)とその人を愛で包み込む人物(久美)を表しているダンス」(引用:加藤史帆ブログ)を披露していたり、齊藤が上村ひなのにリップを塗る様子があったり、柿崎芽実が花を撮る姿が収められていたりと、大人(日向坂)の階段を登る途中の描写なのか、ひらがなけやきで過ごしてきた彼女たちと何かリンクをしているような意味深なシーンも多く登場している。曲の良さもさることながら、それぞれメンバーの背景も掘り下げたくなるMVだ。

(文=本 手)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!