>  >  > 日向坂が取りに来たけやき坂時代の忘れ物

日向坂46が取りに来たひらがなけやき時代の忘れ物 原点の地・Zepp Tokyoで見せつけた成長

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日向坂46が、3月14日にZepp Tokyoにて、MTVによるスペシャルプログラム『MTV LIVE PREMIUM:日向坂46 -1st Story-』の公開収録を行った。この日は、抽選で選ばれた1000人のファンの前で、一夜限りのライブを披露。新たなスタートを切る彼女たちによって、会場全体がハッピーオーラに包まれた。

 『MTV LIVE PREMIUM』は、毎回1組のアーティストにフォーカスを当て、通常ライブとは異なるオリジナルあふれる企画と演出で貴重なライブ空間を送る、MTVのライブシリーズ。今回は、今年の2月11日にけやき坂46(以下、ひらがなけやき)から改名し、3月27日にデビューシングル『キュン』をリリースする日向坂46によるスペシャルライブ。日向坂にとってZepp Tokyoは、2017年3月に初めてワンマンライブを行なった思い出深い場所。しかし、彼女たちにとっては反省点ばかりで苦い思い出でもあるという。あれから2年。オリジナル曲の発表やイベント出演により着実に力をつけ、今や日本武道館や横浜アリーナといった大箱を満員で埋め尽くすほどに成長した彼女たち。先日行われた『日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』でひらがなけやきにピリオドを打ったが、デビューを前にひとつやり残したことが、このZepp Tokyoでのリベンジである。

 客席は日向坂のイメージカラーである空色のペンライトで埋め尽くされ、日向坂オリジナルの「Overture」が終わると、デビューシングルの表題曲「キュン」からスタート。小坂菜緒をセンターに、可愛らしいキュンキュンダンスで観客を魅了し、因縁のZepp Tokyoを一気にハッピーオーラの空間へと変える。続いて、この日MVが公開された話題の「ときめき草」を披露し、1期生とMCの鮎貝健を交えたトークを展開。

 結成当初を振り返り、柿崎芽実は「レッスンの合間の休憩時間とか、何でもない日常、他愛もない時間が一番大切だったなって思いますね」と語り、加藤史帆もまた「12人で始めたZeppツアーが思い出深くて、そのツアーでファンがどんどん増えたし、私たちもパワーアップできたし、とても大切な経験でした」とコメント。そんな中、キャプテンの佐々木久美は「MCも自分たちだけでやるのが初めてで、全然うまくいかなくて、終わった後に親にダメ出しをされた」と苦い思い出があることを告白し、佐々木美玲も「実はこのZepp Tokyoでやったライブが一番悔いが残っている。だから今日はリベンジしたい」とこの日のライブへ懸ける熱い思いを口にした。

 また、ひらがなけやきの全国ツアーの最中に、長濱ねるが欅坂46に専任する発表があった当時について井口眞緒は「ねるちゃんがそこに立ってパフォーマンスしていたことで、私たちがどれだけ安心してステージに立てていたかを感じ、存在の大きさを改めて強く実感しました」と語る。齊藤京子も「長濱ねるちゃんがいたから今私たちはここにいるし、グループの顔であった長濱ねるがいなくなってしまうのはすごく不安でした」と振り返りつつ、「今はこうして堂々と立たせていただいてるので、あの時よりは成長できたかなと思います」と力強く答えた。

      

「日向坂46が取りに来たひらがなけやき時代の忘れ物 原点の地・Zepp Tokyoで見せつけた成長」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版