Kis-My-Ft2、山下智久、NEWS……“物語性”溢れる2月のジャニーズリリースを振り返る

 季節はすっかり春。新生活に胸を膨らませる人も多い季節だが、環境の変化についていけずストレスを感じることもあるはず。

 今年2月にリリースされたKis-My-Ft2、山下智久、そしてNEWSの最新作に通じるテーマは、“物語性”。ストレスフルな日常から少しだけ離れて、彼らそれぞれが紡ぐ奥深い物語に足を踏み入れてみてはいかがだろうか。

 2月リリースのジャニーズ楽曲をまとめて振り返ってみよう。

Kis-My-Ft2『君を大好きだ』

 Kis-My-Ft2の最新曲「君を大好きだ」は、メンバー・北山宏光の初主演映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』の主題歌。作曲・ヨシダタクミ、作詞・藤井フミヤ、編曲・亀田誠治という、音楽ファンからしても垂涎のタッグによる楽曲だ。

Kis-My-Ft2 / 「君を大好きだ」MUSIC VIDEO -short edition –

 どんな音楽的技巧が凝らされた1曲なのか楽しみに聴いてみると、想像以上に真っ直ぐでシンプルなラブバラード。壮大なストリングスと素朴なギター、ピアノのアンサンブルが7人のユニゾンを優しく底上げしてくれる。

 中でも注目したいのが、サビで印象的に歌い上げられる、タイトルの〈君を大好きだ〉というフレーズ。

 “君が”ではなく、“君を”という言い回しには、一見違和感を覚えるかもしれない。しかし、楽曲の中で聴くと全く印象が異なってくる。

 ストレートな恋の告白を想起させる「君が大好きだ」ではなく、「君を大好きだ」。柔らかく透き通った7人の歌声で紡がれるこの言葉には、ただ想い続けるだけで充分に美しい、“永遠の片想い”のような清廉な純愛が込められているように聞こえる。

 優しい愛の形が描かれる映画『トラさん』、そして公開当初から話題をさらった“青春ドラマ”仕立てのMVの世界観も相まって、心がじんわりと切なく、あたたかくなるシングルだ。

山下智久『Reason/Never Lose』

 前作『UNLEASHED』より約3カ月、早くもリリースされた山下智久の最新シングル『Reason/Never Lose』。

山下智久 『Reason』

 シングルとしては約5年半ぶりのリリースとなる今作は、テレビアニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season2』(日本テレビ系)のオープニングテーマとしてすでに話題を集めていた両曲を両A面にしたシングルだ。

 前作のアルバムで洋楽的なアプローチとジャニーズアイドルらしさの融合を見せ、新境地を開拓した山下。今作ではその集大成ともいえる、さらにディープかつキャッチーな音像を聴かせている。

 得意とするダンサブルなテクノポップ調のサウンドに乗せられるのは、『逆転裁判』のテーマにも通ずる「真実を貫き、理不尽を打ちのめす」という力強いメッセージ。しかし、ストレートなメッセージソングにはならない、一筋縄ではいかないアレンジが山下の甘く独特な歌声の魅力を引き立て、フックの効いた楽曲に仕上がっている。

 カップリング含め、メッセージ性や物語性のはっきりとしたアイドル楽曲らしさも備えつつ、一方で“音の心地よさ”にもこだわりを感じるアレンジとなっているのが印象的だ。ユニークなサウンドや山下の歌声に身を任せ、じっくりとそのこだわりの一つひとつを見出してみたくなる1枚だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる