>  >  > 山P×安室…個性際立たせるコラボ

山下智久×安室奈美恵、関ジャニ×スカパラ、Sexy Zone×モーニング娘。…個性際立たせるコラボ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月16日、日本を代表する歌手の一人である安室奈美恵が引退した。引退前日の15日には、『WE ♥ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭 〜I ♥ OKINAWA/I ♥ MUSIC〜 supported by セブン-イレブン』に出演。BEGINやMONGOL800、平井堅などがゲスト出演し、最後のパフォーマンスを行なった。そこにサプライズで登場したのが、山下智久。2011年発売のコラボレーションベストアルバム『Checkmate!』収録曲「UNUSUAL」を披露した。山下以外にも、有名アーティストとタッグを組んで楽曲を披露しているジャニーズグループは少なくない。そこで、山下をはじめ有名アーティストとジャニーズのタッグを振り返ってみたい。

山下智久×安室奈美恵

 山下がサプライズ出演したことで再び注目された、安室奈美恵とのデュエット曲「UNUSUAL」。クールでダークなサウンドに乗る挑戦的な英詞が、なんともカッコいい。普段から英詞が混ざった曲を歌っている安室はもちろん、英語を得意とする山下の歌声も聞きどころのひとつだ。山下はアンジェリーナ・ジョリーに英語インタビューしたことがあるほどの英語力を持つが、もともと英語が話せたわけではない。コツコツ努力を続けて独学で習得したのである。2014年から2015年には英会話バラエティ番組『大人のKISS英語』、『山Pのkiss英語』(いずれもフジテレビ系)にも出演するなど、英語を活かした活動も多々ある。その英語力を活かしつつ、囁くように歌う「UNUSUAL」はつい聴き入ってしまう楽曲となっている。さらに、間奏のダンスにも注目だ。MVではもちろん、『これで見納め!安室奈美恵引退スペシャル!!〜最後の1年と最後の1日に独占密着〜』(日本テレビ系)でも、安室と山下がシンクロダンスを披露した様子が放送されていた。カリスマ性溢れるアーティスト・安室奈美恵とクールな楽曲が、山下の魅力をより引き立たせたコラボレーションと言えるだろう。

関ジャニ∞×東京スカパラダイスオーケストラ

 ベストアルバム『GR8EST』の収録曲、「無責任ヒーロー jam with 東京スカパラダイスオーケストラ」でコラボした関ジャニ∞と東京スカパラダイスオーケストラ。スカ風にアレンジされた「無責任ヒーロー」は、原曲とはまた違って演奏に厚みが出ており、自然と元気が湧いてくる。ギター、ベース、ドラム、キーボード、トランペットと関ジャニ∞メンバーが担当する楽器とスカパラメンバーの楽器は同一だが、それぞれ個性がしっかり活きているのも良い。MVを見ると、トランペットの横山裕は東京スカパラダイスオーケストラのトランペット担当のNARGOと、ギターの安田章大は加藤隆志と、ドラムの大倉忠義は茂木欣一と掛け合いをしており、コラボならではのパフォーマンスを見ることができる。また、7月8日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、生放送でコラボパフォーマンスを披露。全員笑顔で楽しそうに演奏していたのが印象的だった。昨今、バンド形態のパフォーマンスに力を入れている関ジャニ∞。共に演奏することで生まれる、ミュージシャンとしての絆が垣間見られるコラボレーションである。

      

「山下智久×安室奈美恵、関ジャニ×スカパラ、Sexy Zone×モーニング娘。…個性際立たせるコラボ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版