全曲アッパーなナンバーが“狂い咲く”饗宴 ZAQ『KURUIZAQ ver.2018』を見て

全曲アッパーなナンバーが“狂い咲く”饗宴 ZAQ『KURUIZAQ ver.2018』を見て

 ZAQのワンマンライブ『KURUIZAQ ver.2018』が12月14日、東京・新宿BLAZEで開催された。『KURUIZAQ』は昨年からZAQが年に一度開催しているライブシリーズ。そのタイトルのとおり、まるで花が“狂い咲く”かのようにカラフルでアッパーなナンバーを中心に構成するステージを展開している。

カメラマン:キセキミチコ

 超満員のオーディエンスが開場SEにあわせてハンドクラップを打ち鳴らすBLAZEに登場したZAQは、ギター、ベース、キーボード、ドラムからなるサポートバンド、通称“ZAQジャパン”とともに「カタラレズトモ」をドロップ。そのまま「Last Proof」とヘビィロックチューンを2連発し、さらに「もっとスピード上げていけますか!」のシャウトとともに高速ツービートロック「SPEED JUNKY」を重ねる“狂い咲いた”3曲で今年の『KURUIZAQ』の幕を開けた。

カメラマン:キセキミチコ

 その後も彼女のテンションは開幕直後のまま。「ZAQのライブにはお客さんを“絶対ころすゾーン”っていうのがあるんですけど、今日は全曲“絶対ころすゾーン”です!」と高らかに宣言したとおり、「エキストラレボリューション」「Make It Glitter」とエレクトリックな2曲を投下したかと思えば、アニメ『響け!ユーフォニアム』発の声優ユニット・北宇治カルテットに提供したブラスパンクナンバー「トゥッティ!」のセルフカバーバージョンと、『ささみさん@がんばらない』のオープニングテーマ「Alteration」とヒットチューンを連発。また『紅殻のパンドラ』エンディングテーマのラブリーなポップチューン「LoSe±CoNtRoL」のセルフカバー版や、イカツめのフリースタイルラップで楽曲をキックする「GLITCH」、『ようこそ実力至上主義の教室へ』のオープニングテーマであるアシッドジャズナンバー「カーストルーム」とバラエティ豊かな楽曲群でセットリストを構成した。

カメラマン:キセキミチコ

 また今回の『KURUIZAQ』ではZAQと“ZAQジャパン”のプレイヤーとして、そしてアレンジャーとしての腕も見どころのひとつとなっていた。ブライトなミディアムチューン「LATE STARTER→」は1000人のオーディエンスのハンドクラップを煽るパワフルなロックテイストにお色直しされ、エレポップチューン「モノクロームモンスター」はよりパーカッシブでダンサブルな1曲に、ビートパンクナンバー「絶好調UNLIMITED」はさらに高速でエモーショナル、かつ楽器隊がソロを回し合うテクニカルな1曲へと変身。ZAQ曰く”絶対ころすゾーン”のパワーアップバージョン“絶対絶対ころすころすゾーン”だというライブ後半戦でも彼女と“ZAQジャパン”は、ダブステップナンバー「OVERDRIVER」を人力で再現し、「ない」「Seven Doors」「TOGARE」「BRAVER」とヘビィロックナンバーを畳みかけるなど、そのテクニックを満天下にアピールしてみせる。そしてライブのテーマソングでもあるコミカルなダンスロック「KURUIZAQ」でオーディエンスを踊らせたところでライブ本編は終了。歓声と拍手を背に彼女たちはステージをあとにした。

カメラマン:キセキミチコ

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!