乃木坂46 西野七瀬、上京して初めて暮らした思い出の地を巡る 「1、2年目の頃を思い出します」

 乃木坂46がオールロケを行う番組『NOGIBINGO!10』(日本テレビ系)12月17日放送回に、わがままセンターとして西野七瀬、盛りあガールとして井上小百合、斉藤優里、和田まあやが出演した。

乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』(TYPEA)

 同番組では、毎回メンバーの1人を“わがままセンター”に選抜し「普段はガマンしているやりたいこと」をオールロケで行う。また、ロケに同行するメンバーたちは、“盛りあガール”として、わがままセンターのやりたいことを全力で応援していく。

 まもなく卒業する西野。番組冒頭、進行役のイジリー岡田に西野の卒業について聞かれると、井上は「乃木坂のメンバーって仲が良くて、卒業後も会ってるんですよ。実感がわかないというか……」とコメント。斉藤は「寂しいですけど……あんまり考えないようにしてます」とし、和田も「いなくなっちゃうっていうのが実感がわかなくて」と話した。

 今回西野のやりたいことは「西葛西をガマンしない」。西葛西は、乃木坂46活動のため初めて寮生活をした場所だという。そこで、西葛西を楽しむために思い出の地を歩きながら写真を撮っていくことに。メンバーはそれぞれカメラを持って写真を撮っていく。

 当時、メンバーでよく行っていたのが『小僧寿し』。西野は「貝柱、ホタテ、大学イモを頼んでいた」とし、井上は「手巻きを買って寮や現場に持ち帰って食べていた」と明かす。また、寮にいた際、メンバーは互いの部屋によく行き来していたという。斉藤は「西野のベッドで一夜をともにしたことがある」と話すと、イジリーが「部屋は綺麗にしてた?」と質問。西野は「しょっちゅうお母さんに来てもらって掃除してもらってました」と当時を振り返った。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!