>  >  > 乃木坂46、個人PV楽曲に注目

乃木坂46 白石麻衣、梅澤美波、松村沙友理……『帰り道は遠回りしたくなる』個人PVの楽曲に注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hello Hawk

乃木坂46 松村沙友理 『うそつき』

 松村沙友理「うそつき」(クリエイター:泉田岳)に起用されている楽曲が、Hello Hawk「Perfect gone」だ。Hello Hawkは、3ピースのインディーロックバンド。近年ではホットペッパービューティー特別ウェブ動画「春」で、彼らの楽曲「天井と床」が使用され話題に。鍵盤ハーモニカを用いた郷愁的なサウンドが映像と親和性を生んでいた。

 「うそつき」は、アイドルに偏見を持つ”うそつきディレクター”らとともに、松村が個人PVの打ち合わせをするという物語。何を言っても「嘘つけ!」「アイドルは嘘ばっかりだ!」というディレクターに対し、松村が「アイドルが嘘か本当か。どうでもええー!」と叫ぶシーンは、アイドルに偏見を持つすべての人たちに対するカウンターかのようだ。その後、握手会を体験させることで、ディレクターは松村に心を開いていく。その際に流れる「Perfect gone」の等身大な歌声と力強く爽快なギターサウンドは、ディレクターの疑心暗鬼な感情を一掃させるかのような気持ち良さがある。また、本作は内容や楽曲然り、“裏の顔”を見せる松村の表現力も素晴らしいのでぜひ見てみてほしい。

Heptag

乃木坂46 若月佑美 『Carmine』

 若月佑美が個人PVで歌っている「Carmine」は、本作のクリエイターも務めたmaxillaとHeptag(長尾洋輔)による楽曲。Heptagは、これまで白石麻衣「DOLL」や深川麻衣「聖母と呼ばれる前に」でも楽曲提供していた音楽プロデューサーだ。

 本作では、赤い洋服をまとった若月が、わずかに日が差し込む暗い部屋でダンスを見せるアーティスティックな映像になっている。かたや楽曲は、重厚感のあるエレクトロサウンドを展開。シリアスながら芯のある同曲と、若月がほぼ即興で考えたというコンテンポラリーダンスが相まって、彼女の凛とした潜在的魅力が引き出されている。

 シングルがリリースされるたびに話題を呼ぶ個人PV。映像は然ることながらメジャーやインディー問わず多種多様な楽曲を使用している点も、ポップカルチャー好きを魅了する理由のひとつだろう。また、意外なミュージシャンの起用が、映像やメンバーの良さを引き立てていることも興味深い。今後も個人PVは、メンバーのイメージを補強する重要な役割を果たしていくことだろう。

(文=北村奈都樹)

      

「乃木坂46 白石麻衣、梅澤美波、松村沙友理……『帰り道は遠回りしたくなる』個人PVの楽曲に注目」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版