>  >  > 『欅共和国』舞台裏で人気だったあるものとは?

『欅共和国 2018』舞台裏で大人気だったあるものとは? 長沢菜々香「3分に1回くらい注ぎに」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブ3日目は、菅井友香と守屋が舞台裏の様子をリポート。開場15分前の会場に足を運んだ二人は「もうすぐここにお客さんが入るんだね。広い!」と感慨深げに呟いた。続けて「70メートル級のウォーターショットは日本初です」「花道こんな近くで見れるよ」「フードメニューとかも今回、会場限定で登場してたり」などと会場の様子をリポート。また天気が良くなるようにという思いを込めてスタッフが作ったというてるてる坊主を見つけると、菅井は「2日間晴れたのは、このおかげかな」と言い、守屋も「ね! 嬉しいね」と笑う。そして「よろしくね! てるてる坊主! 見守っててね~!」(菅井)「よろしくね~! ありがとう~!」(守屋)とてるてる坊主に向かって手を振った。

 3日目の本番終了後、感想を聞かれた菅井は「やりきったなっていう気持ちです。思いっきり楽しめるお祭りみたいなライブがまた今年もできて、去年とは違う世界観とかも表現できて、いろいろ盛りだくさんなライブができたなって思います。夏の思い出がね」とコメントし、守屋も「やっぱ楽しいね~。夏のイベントって感じがする」と余韻に浸った。

 次回8月26日放送回では「エピソードトーク講座」の模様がオンエアされる。

(文=向原康太)

      

「『欅共和国 2018』舞台裏で大人気だったあるものとは? 長沢菜々香「3分に1回くらい注ぎに」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版