>  >  > 嵐、TOKIOと比べて“足りないもの”は?

嵐ファンが挙げた、TOKIOと比べて“足りないもの”とは? 二宮和也「米作り」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月21日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に広瀬すず、福士蒼汰、加藤諒、田中達也がゲストに出演した。

 広瀬と福士が挑んだのは、番組恒例の企画「春のパンデスマッチ」。山梨県韮崎市にある「asa-coya」は、初めてテレビ取材を受けた店で、それは店長の息子たちが嵐が好きだからという理由での快諾であった。息子たちに嵐の好きなところを聞いてみると、「カッコイイ」「面白い」「仲がいい」という意見が出た。逆に嵐にダメ出しをしてもらった時に、子供たちは嵐に何が足りないと答えたか、というのが問題。MCの平成ノブシコブシ・吉村崇に「どんどん押しましょう」と促された広瀬は、ボタンを押し「強さ」と回答。二宮和也が「リーダー」と答えると、大野智が悲しそうな顔を浮かべる場面もあった。

 吉村から「『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)などもよく観る」「TOKIOにはあるけど、嵐には足りないもの」というヒントが出ると、二宮は「松岡(昌宏)くん」「米作り」と2連続で回答するも外れる。さらに、吉村から「英語」というヒントが出されると、大野が「ワイルド」と答え、ニアミス判定が。その後も二宮、大野が回答し続けるも外れ、「こんなに悩んでるの俺たちだけなの?」と愚痴を漏らし、吉村から「特に足りない2人なんでしょうね!」と指摘にも似たヒントを受けた。それに二宮が「サバイバル」と答え正解に。櫻井翔は、その答えを受け「よく見てくれているからだよね。見てよ、だって俺ら温かいパン食ってるだけだもん」とコメントした。

      

「嵐ファンが挙げた、TOKIOと比べて“足りないもの”とは? 二宮和也「米作り」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版