乃木坂46 生駒里奈、トレンディエンジェル たかしへの苦手意識明かす 「目線がガチなんですよ」

 『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の4月8日放送回では、乃木坂46・生駒里奈、及川光博、バカリズム、吉高由里子がゲスト出演した。

乃木坂46『シンクロニシティ』(TYPE-C)(DVD付き)

 初登場となった及川はMCの東野幸治から「ずっとミッチーのキャラクターを貫き通してますけど」と言われると、「だってミッチーなんだもん」と笑顔で発言。「出かける時は(ミッチーという)透明の着ぐるみを被って出て行く」と説明し、「(プライベートでは)王子様じゃない。おじ様」と続けると、「風呂上がりに全裸で作詞作曲します」と明かした。

 そして東野から「最初センター、嫌だったんでしょ?」と振られた生駒。「パニックというか、オーバーヒート。『行列』に初めて出演した時も挫折を味わい……。ここにいらっしゃる皆さんがスゴい。全然結果出せなくてマネジャーさんにも怒られて」と苦い思い出を語った。東野から好きなタイプを聞かれると、「才能を高め合える人」と発言。意外な答えにスタジオが驚くと、生駒は「よく周りの大人に『ダメだよ、変な人に騙されたら』(って言われる)」と続け、カメラが宮迫博之にズームインして笑いを誘った。

 さらに、生駒は上京したばかりの時に初めて土曜日の朝に六本木に行ったことを振り返り、「路チューのレベルの高さ。ただのチューじゃなくてブッチュブチュのやつ。16歳くらいだったから、見たことなくて。わぁ〜って」と発言。また、5作連続でセンターを務めたことについて「全然知らない人に悪口言われる。そんなにないじゃないですか。知らない人に悪口言われるってこんなに傷つくんだって」と言うと、及川は「大変な世界で生きてる」と共感した。

 さらに番組中、怯えている芸能人として及川が唐沢寿明、吉高がハリセンボン・近藤春菜、バカリズムがあやまん監督を挙げると、生駒はトレンディエンジェル・たかしと発表。スタジオに登場したたかしは「生駒ちゃ〜ん」と駆け寄り、生駒は「目線がガチなんですよ」と苦笑い。生駒がセンターを外れたことについてたかしは「生駒ちゃんってセンターになるべくしてなった人間。武道館で大人数でライブやるじゃないですか。3〜40人が一斉に歌ったとしても、気づくんですよ。生駒ちゃんに。センターになる娘ってかくれんぼとか絶対ばれちゃう」と言うと、生駒について「秋田の田舎の冴えない女の子が、乃木坂という鎧を身にまとう。とんでもないパワーを発揮する。それが生駒ちゃんの魅力的な部分」と熱く語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる