ヒグチアイがワンマンで体現した“決意とユーモア” 強力サポート陣との一夜をレポート

ヒグチアイがワンマンで体現した“決意とユーモア” 強力サポート陣との一夜をレポート

 ところで、『百六十度』というタイトルは、「人間の視野が200度である」という説を知ったヒグチが、その視野から漏れた“残りの160度”の中に存在し、自分を支えてくれている人たちのことを、大切に思って付けたものだという。今いるこの場所は、それまでの日々があったからこそ、たどり着けた場所。そう思えたならば、辛い過去ですら全て愛おしくなるはずだ、と。

<ゴー ストレート 君の道は 分かれたり 下ったり それでも ゴー ストレート 間違いじゃない そのおかげで 僕ら出会えた>

 彼女の代表曲であり、この日の演奏もハイライトというべき素晴らしいものだった「まっすぐ」(前作『全員優勝』収録)の中で、ヒグチはそう歌う。いつか自分の本当の居場所を見つけ、全てを許せる日が来るまで暗闇の中を歩き続けよう、常にユーモアも忘れずに。そんな、彼女の“決意”を感じさせるような一夜だった。

■黒田隆憲
ライター、カメラマン、DJ。90年代後半にロックバンドCOKEBERRYでメジャー・デビュー。山下達郎の『サンデー・ソングブック』で紹介され話題に。ライターとしては、スタジオワークの経験を活かし、楽器や機材に精通した文章に定評がある。2013年には、世界で唯一の「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン公認カメラマン」として世界各地で撮影をおこなった。主な共著に『シューゲイザー・ディスクガイド』『ビートルズの遺伝子ディスクガイド』、著著に『プライベート・スタジオ作曲術』『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』『メロディがひらめくとき』など。

ブログ
Facebook
Twitter

■ライブ情報
『ヒグチアイ「百六十度」ツアー2017 〜二百度編〜』
2017年2月4日(土)広島ヲルガン座(広島)
2017年2月10日(金)米子AZTiC laughs(鳥取)
2017年2月12日(日)松江AZTiC canova(島根)
2017年2月18日(土)水戸ミネルバ(茨城)
2017年2月19日(日)甲府KAZOO HALL(山梨)
2017年3月3日(金)新潟GOLDEN PIGS YELLOW STAGE(新潟)
2017年3月4日(土)音楽酒家 村門(富山)
2017年3月5日(日)金沢もっきりや(石川)
※各地の対バン、チケット販売方法等の詳細、その他の会場は決まり次第、オフィシャルサイトにて発表

ヒグチアイオフィシャルサイト

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!