>  >  > 嵐・松本潤、キスシーンを語る

嵐・松本潤が大野智にキスシーンの極意をレクチャー 「キスはリハーサルからするときもある」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-arashi.jpg(C)タナカケンイチ

 嵐が番組オリジナルの大型ゲームでゲストと対戦する、“体感型アミューズメントゲームバラエティー”番組『VS嵐』(フジテレビ)が8月20日に放送された。同番組にはゲストとして映画『進撃の巨人』チーム(三浦春馬、水原希子、本郷奏多、渡部秀、石原さとみ、ピエール瀧)と、プラスワンゲストにアンガールズが登場。嵐チームと熱戦を繰り広げた。

 オープニングトークでは、二宮和也が丈の長いワンピースを着て登場した。大野智は、「これちゃんと下穿いてます?」と二宮に問うと、二宮は「安心してください。穿いてますよ」と、芸人・とにかく明るい安村の真似をしたあと、「これやりたかったー!」と嬉しそうな表情を見せた。続けて相葉雅紀が、8月30日は松本潤の誕生日であることを告げると、大野が松本の代わりに「素敵な年になるようみんなの応援待ってるよ」とカメラへ話しかけ、続けて「お母さんいつも産んでくれてありがとう」と松本の母親にも感謝の気持ちを伝えた。

 最初のゲーム「コロコロバイキング」では、『進撃の巨人』チームが高得点を獲得し、嵐チームをリード。次の「クリフクライム」では、ドラマ『弱くても勝てます』(日本テレビ系)、映画『GANTZ』で二宮と共演していた本郷奏多が、二宮のことを「いい兄貴です。ニノカズさん」と話すと、普段聞きなれない二宮の略し方にどよめきが起き、櫻井翔も「松潤みたいな略し方があるわけ?」と驚いた様子を見せた。本郷が「(二宮の)お宅に泊まらせて頂いたりして」と話を切り出すと、二宮が「たたみ一畳です。狭いとこなんです」とコメントしスタジオに笑いが起きた。ゲームでは三浦春馬が活躍し、「進撃の巨人」チームが高得点を獲得した。

      

「嵐・松本潤が大野智にキスシーンの極意をレクチャー 「キスはリハーサルからするときもある」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版