>  >  > SKE48とNMB48の楽曲を徹底比較

柴 那典のチャート一刀両断!

SKE48とNMB48、同日リリースの楽曲を徹底比較 両グループの傾向を読む

関連タグ
SKE48
NMB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2015年03月30日~2015年04月05日のCDシングル週間ランキング(2015年04月13日付)

 今週のオリコンランキングでは、3月31日に発売されたSKE48『コケティッシュ渋滞中』とNMB48『Don’t look back!』が、1位・2位にランクイン。48グループ内の直接対決は、SKE48に軍配が上がる形となった。

 ただ、セールスの数字を見ると、SKE48『コケティッシュ渋滞中』が64.0万枚と過去最高の売り上げを記録し、NMB48『Don’t look back!』も44.7万枚とキャリア史上2位となっている。そもそも期末までに売り上げを立てたいというレコード会社の思惑が寄与したのが今回の同日発売だったわけで、そういう意味では「どちらが勝ちか」と言うよりも、両者共にプラスとなる結果になったと言えそうだ。

 というわけで。この記事では、いつものように「誰がセンターか」とか「世代交代」とか「組閣」とか「総選挙」とか、そういった48グループ特有の物語性を置いておいて、あくまで楽曲の音楽的な傾向からこの2曲を分析していこう。というのも、この2曲、なかなかに好対照を見せているのだ。

 まずSKE48の「コケティッシュ渋滞中」は、アップテンポなディスコ歌謡ナンバー。四つ打ちのリズム、ファンキーなベースラインやカッティングギターをベースに、ピアノやホーンセクションやストリングを配したノリのいい曲調になっている。ここ数年のJ-POPにおけるディスコ歌謡と言えばAKB48「恋するフォーチュンクッキー」が代表的だが、「恋チュン」のBPMが122であるのに対し、この曲はBPM140。より高速で、ライブ現場での盛り上がりを重視した仕上がりになっている。

 一方NMB48の「Don’t look back!」は8ビートのタテノリのリズム、ダウンストロークのディストーションギターを活かしたロックテイストなナンバー。〈振り向くな! 昨日より前に出ろ!〉と力強い歌詞が印象的なこの曲だが、こちらのBPMは184。かなり疾走感ある曲調だ。

 そして、この「高速四つ打ちディスコ歌謡」と「疾走8ビートロック」は、SKE48とNMB48双方のグループにとってシングル表題曲の定番となっている。季節やテーマ性によって様々な曲調を見せるAKB48や、ガールポップやバラードソングも多い乃木坂46との大きな違いはそこにある。SKE48、NMB48共に、テンポや曲調の振り幅がほとんどないのだ。

      

「SKE48とNMB48、同日リリースの楽曲を徹底比較 両グループの傾向を読む」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版