>  >  > くるり・岸田繁の作家性を検証

宗像明将が『くるりとチオビタ』を分析

くるりは実験性と大衆性のバランスをどう取ってきたか 『くるりとチオビタ』に見る岸田繁の作家性

関連タグ
くるり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140916_kururi_a1.jpg

 

 くるりが『くるりとチオビタ』という企画盤をリリースすると知ったときは少なからず驚いた。大鵬薬品の「チオビタ・ドリンク」のCMソングとして使用された楽曲を集めた編集盤だと言うが、アルバムを作れるほどCMソングがあったのか……と調べたところ、両者の関係は2007年から7年間も続いてきたのだ。

 面白いのは、CMソングに使われたのが2007年の「Jubilee」からということだ。この楽曲はアルバム『ワルツを踊れ』からの先行シングル。『ワルツを踊れ』はオーストリアのウィーンでレコーディングされたアルバムで、現地のオーケストラとの共演作だ。「Jubilee」でも美しく、そしてときに不穏なオーケストラの響きを堪能できる。こうしたロックの枠組から平然と外れかねない作品から、くるりと大鵬薬品の関係はスタートしているのだ。

 「シャツを洗えば(くるりとユーミン)」は、2009年に松任谷由実とのコラボレーションでリリースしたシングル。しかも宝島社から書店流通で販売された特殊なシングルだった。作曲は岸田繁によるものだが、サビのメロディーの開放感は、メロディーメイカーとしての彼の才能を強烈に印象づける。『くるりとチオビタ』でも突出してキャッチーな楽曲ではないだろうか。

 「太陽のブルース」は、2009年のアルバム『魂のゆくえ』の収録曲。バンドサウンドに包まれたこのせつなさもくるりの魅力だ。「魔法のじゅうたん」は、2010年のアルバム『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』の先行シングル。フォーキーなサウンドが心地いい。『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』には「東京レレレのレ」という楽曲も収録されているが、沖縄民謡を連想させるメロディーにお囃子が入る異色作だ(初出はシングルのカップリング曲を収録した『僕の住んでいた街』)。リリース当時、岸田繁の盟友である中川敬率いるソウル・フラワー・ユニオンともよく比較された楽曲である。その「東京レレレのレ」と同時期の楽曲ながら「魔法のじゅうたん」はまったく雰囲気が異なり、その事実もくるりというバンドの雑食性を物語っている。

「くるりは実験性と大衆性のバランスをどう取ってきたか 『くるりとチオビタ』に見る岸田繁の作家性」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版