>  >  > 乃木坂46がオススメ書籍を紹介

乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 齋藤飛鳥は、貫井徳郎の2作を紹介。『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』について「色んな家庭が崩れていく本」と語ると、続けて『乱反射』を「一人一人の小さなモラル違反で社会のモラルが崩れて行く」とプレゼンし、設楽は「もっと小顔の本とか読んでるのかと思った」と、見た目とは裏腹に深い物語が好きなことに驚きを隠せなかった。

 堀未央奈は、児童文学作家ジャクリーン・ウィルソンの『クリスマス・ブレイク』と『ローラ・ローズ』を紹介。『クリスマス・ブレイク』について「寒くなってきた時期に、美味しい子供と一緒に」と語り、設楽から「イギリスの子供みたい」と評された。

 能條愛未は、ロンダ・バーン『ザ・シークレット』を「『引き寄せの法則』がすごい」と紹介。能條は同作について「良いイメージや思考には独特の周波数があるから、まずは宇宙に飛ばします。そうすると、宇宙から同じような周波数のものが戻ってくる。これが『引き寄せの法則』です」と、すこし怪しい雰囲気で捲し立てながら語り、メンバー一同を軽く引かせると、設楽から「能條の周りの大人は、能條のことをちゃんと見ててあげてください」と指摘された。

 番組の最後には、日村が最優秀作品として能條の紹介した『ザ・シークレット』を選ぶと、能條は「優勝することを『引き寄せの法則』で叶えたんです」と語り、メンバーを爆笑させ、番組は終了した。

 ほかにも、伊藤かりんが将棋本を紹介したり、北野日奈子が動物の命の重さを伝える2冊をプレゼン、和田まあやが幼い頃から触れてきた絵本について語った今回の放送。次回は「ハロウィンパーティー」が放送される予定だ。

(文=向原康太)

      

「乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版