ベイビーレイズの記事一覧

(10件)

大矢梨華子、高見奈央、傳谷英里香、林愛夏、渡邊璃生からなる5人組アイドルユニット。その名の由来は“baby=かわいこちゃんたち”が“raid=襲撃する”という意味から。プロデュースはアーティストのかながわIQが務めているが、先導役の“パイセン”としてアイドリング!!!の菊池亜美も度々登場する。2012年5月に結成、じゃんけんに勝った傳谷がリーダーに任命された。同年7月、アイドルユニット夏のフェス『アイドル横町夏まつり!!2012』にて初お披露目。同年9月に1stシングル「ベイビーレイズ」、12月に2ndシングル「ベイビーレボリューション」をリリース。結成時より“乗り込み! 乗っ取り!! アイドル”や“負け犬アイドル”をキャッチコピーとして掲げており、ハードロックテイストの楽曲と、アイドリング!!!ライヴへの乱入やAKB48の選抜じゃんけん大会開催中の日本武道館でのティッシュ配りなど、大胆なプロモーション活動で注目を集める。2013年、初ワンマンライヴ『ベイビーレイズ伝説の3回まわし』を開催。同年3月にシングル「JUMP」、7月には「ベイビーアンビシャス」を発売し、9月にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で発表された楽曲「暦の上ではディセンバー」をシングルリリース。

BABYMETAL、でんぱ組.inc、乃木坂46、モーニング娘。… 2014年グループアイドルシーン振り返り

BABYMETAL、でんぱ組.inc、乃木坂46、モーニング娘。… 2014年グループアイドルシーン振り返り

 2014年、アイドルシーンは更なる盛り上がりを見せた。BABYMETALやでんぱ組.incの大躍進や、アイドルカルチャーの…

ももクロ、モー娘。から、リリスク、ベルハーまで…動員力から考察するアイドル界の現在

ももクロ、モー娘。から、リリスク、ベルハーまで…動員力から考察するアイドル界の現在

活況が続くグループアイドルシーン。CD不況の今、ライブアイドルにとってワンマンライブでの動員力は人気を示す最も分かりやすい指標と…

中森明夫が『あまちゃん』を徹底解説 NHK朝ドラ初のアイドルドラマはなぜ大成功したのか?

中森明夫が『あまちゃん』を徹底解説 NHK朝ドラ初のアイドルドラマはなぜ大成功したのか?

大友良英『連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック』(ビクターエンタテインメント)  80年代より活躍するアイ…