『虎に翼』直言は“優しすぎる”のが欠点? 朝ドラの歴代“ダメ親父”たちと比較する

『虎に翼』直言を歴代“ダメ親父”らと比較

 戦後を描く『虎に翼』(NHK総合)第9週。寅子(伊藤沙莉)の兄・直道(上川周作)の戦死に家族が悲しみに暮れる中、直言(岡部たかし)がある重大な知らせを隠していたことが判明する。それは、寅子の夫である優三(仲野太賀)の死亡告知書だった。娘を思っての行動とはいえ、優三の帰りを待っていた寅子の気持ちを考えるとやり切れない。

 朝ドラの登場人物ならびに出演者が発表された時、毎回注目を浴びるのはヒロインの父親だ。ヒロインの人生観に大きな影響を与える重要なキャラクターであり、演じるキャストも円熟味のある俳優が演じることが多い。

岡部たかし、 『虎に翼』で体現する“人間の複雑さ” 「おもろいと思われたい」が演技の軸に

「無実の人間はすぐに釈放される。朝になったら申し訳なさそうに帰ってくるさ、俺にはわかる」  寅子(伊藤沙莉)の父・直言(岡部た…

 一方で、主人公の足枷となる“ダメ親父”として悪い意味で話題になることも。その際たる例が『おちょやん』(2022年度後期)のテルヲ(トータス松本)だろう。酒と博打に溺れ、食い扶持を稼がせるためにヒロインの千代(杉咲花)をわずか9歳で奉公に出したテルヲ。いくら縁を断ち切っても、借金をするたびに千代の前に現れるゾンビのような男で、刑務所で千代の幻影を見ながら一人寂しく逝く壮絶なラストも視聴者に衝撃を与えた。「見るのも嫌」と言われるほど嫌われまくったテルヲだが、裏を返せばそれだけトータス松本の演技が凄まじかったということ。後番組の『あさイチ』(NHK総合)にゲスト出演した際に、トータス松本が「オレじゃない!」とテルヲとは別人であることを強調していたのが印象に残っている。

 テルヲを少しマイルドにしたのが、『スカーレット』(2019年度後期)の常治(北村一輝)。常治の事業失敗により一家は貧しく、そのしわ寄せは長女であるヒロイン・喜美子(戸田恵梨香)に及んだ。娘に犠牲を強いて自分はしばしば呑んだ暮れる。性格も見栄っ張りでキレやすく典型的な昭和のダメ親父だったが、常治は意外にも視聴者から愛されたキャラクターだった。それは一応働き者だったことと、随所に娘への愛情が溢れていたからだ。気持ちとは裏腹な言動を取ってしまう不器用で、ちょっとした可愛らしさもある父親を北村一輝が体現した。

『おちょやん』トータス松本と『スカーレット』北村一輝、“最低”ダメ親父はどっち?

『おちょやん』(NHK総合)が第2週「道頓堀、ええとこや~」に入り、千代(毎田暖乃)以外はキャストも様変わりしている。  千代…

 『虎に翼』で寅子を法曹界に導いた明律大学の教授・穂高重親に扮する小林薫も過去の朝ドラでダメ親父を演じている。『カーネーション』(2011年度後期)の善作。ヒロイン・糸子を演じたのは、これまた『虎に翼』でナレーションを務める尾野真千子だ。同作では、 洋裁師を志す糸子と、それに断固として反対する善作の長きに渡る戦いを描いた。家庭内では暴君そのものだが、意外と小心者で外面がいい善作は穂高とは対照的なキャラクター。改めて小林薫の演技力の幅に驚かされる。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる