『下剋上球児』鈴木亮平の叱咤にナインが奮起 勝利への執念が上回った越山の全員野球

『下剋上球児』越山の全員野球

 もし野球の神様がいるなら、球児たちにどんな言葉をかけるだろうか。勝利をもって報われるのは1チームだけだ。甲子園出場をかけて決勝に進むチームを決める県大会準決勝第1試合で、越山高校と星葉高校が対戦した。

 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が解説者役で出演した『下剋上球児』(TBS系)第9話では、日本一の下剋上を目指す越山ナインにさまざまな災厄が降りかかった。山住(黒木華)が怪我のため不在で、部員たちは落ち着きを失ったまま試合に入る。先発を告げられた根室(兵頭功海)は気負って先頭打者にデッドボールを当て、キャッチャーの壮磨(小林虎之介)は平凡なフライを落球。越山のミスもあって、星葉が難なく先制点を奪う。集中力を欠き、このまま王者星葉に試合のペースを握られるのか。そう思った矢先、南雲(鈴木亮平)がナインを叱責した。

「つまんない試合してんな。お前ら結局口だけか? 弱小が強豪にびびって呑まれるとこなんか誰が見たいんだよ」

 南雲の挑発に部員たちはいきり立つ。ベンチの険悪なムードは相手チームやスタンドに波及し、準決勝はにわかに騒然とし始めた。ミスの理由を言い募るナインを、「必死かどうかは人が決めんだよ。自分で自分の天井決めんな」と南雲は一蹴した。越山ナインが本調子から遠いことは明らかだった。不慮の事態に部員たちは動揺し、優勝校を目の前にして弱気になった。伝統校ではなく、経験も少ない越山ナインが上回っているのは練習試合の数だけ。弱いところもある生徒たちにあえて厳しい言葉をかけることで、南雲は悲観的なムードを払しょくした。

 4回裏、壮磨のツーベースから楡(生田俊平)のラッキーなヒットで同点に追いつき、一進一退の攻防が続く。まるまる1話分を準決勝に充てた第9話は、1試合の中で何度も山場があり、流れが変わる野球の面白さを映像を通じて表現した。そこには大事なメッセージがいくつも込められていた。

 越山のプレーは、グラブごと送球するダブルプレーや投球モーションを試合中に変える意表を突いた型破りさで、対戦相手の賀門監督(松平健)に言わせれば、相変わらず「めちゃくちゃ」。だが野放図に見えてそこには緻密な計算と勝利をもぎ取る執念があった。自分たちのやり方では星葉には勝てない。主戦の翔(中沢元紀)を控えに回し、右打者と左打者を交互に並べる作戦がじわじわと効いて、エースの児玉(羽谷勝太)を引きずり出した。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる