『ブギウギ』に“安定したハラハラ感”を持ち込む存在に? 富田望生に期待が止まらない

『ブギウギ』富田望生に期待が止まらない!

 ヒロイン・スズ子(趣里)にとっての最愛の人との別れが……。放送中の朝ドラ『ブギウギ』(NHK総合)は、またしても新たな章へと突入した。

 別れがあれば、出会いもある。それが人生というものだ。スズ子の人生にはまた新たな出会いが訪れる。小林小夜との出会いだ。演じるのは富田望生である。彼女の存在は“新章”においてどのような役割を果たすのだろうか。

 母・ツヤ(水川あさみ)を失ったスズ子。それでも、彼女の人生は続いていく。すでに「梅丸楽劇団(UGD)」のスターであるスズ子は、これからもっともっと、時代を代表する大スターへと成長していくのだ。

映画『チア☆ダン』注目は若手俳優の共演 『3A』福原遥×富田望生に“ブレイク寸前”伊藤健太郎も

創部からわずか3年で全米チアダンス選手権大会を制した福井県立福井商業高等学校チアダンス部の軌跡を映画化した『チア☆ダン 〜女子高…

 そんな彼女の前に現れるのが小林小夜。スズ子のような歌手になる夢を持つ福島出身の女性らしい。奉公先から東京に逃げてきた彼女は、憧れの存在であるスズ子に弟子にしてほしいと願い出る人物だ。

 本作の公式ガイド『連続テレビ小説 ブギウギ Part1』(NHK出版)にて富田は「小林小夜は、私と同じ福島県の出身。親近感のある言葉使いと、思い立ったらすぐ行動するところは私とよく似ていて、台本に書かれている小夜の第一声を読んだ瞬間から、その映像がパーッと広がって『なんて奇跡のようなお役だろう』と思いました」と語っている。

 『ブギウギ』への出演を願っていたという富田にとって、この小夜というキャラクターでの参加は何か運命めいたものがあるようだ。すべては偶然ではないのだろう。2019年度前期放送の『なつぞら』でヒロインの親友を演じて以来の朝ドラへの出演だという富田だが、まだ20代前半の若手俳優。けれどもそのキャリアはすでに10年を超えていて、この世代で彼女ほど信頼できる俳優はなかなかいないのではないだろうか。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる