『ブギウギ』六郎とツヤ、“花田鈴子”との別れ スズ子は今後どんな自分を見つけるのか

『ブギウギ』スズ子の“花田鈴子”との別れ

 六郎(黒崎煌代)とツヤ(水川あさみ)がいなくなってしまった。残されたスズ子(趣里)は父・梅吉(柳葉敏郎)を連れて東京に帰る。NHK連続テレビ小説『ブギウギ』は、主人公にとって大きな転機を迎えつつあった。

 その転機とは、スズ子と“花田鈴子”の別れだ。鈴子は六郎にとっての姉であり、ツヤにとっての娘だった。出征の直前に東京へスズ子に会いにきた六郎は、本当は理解していた戦地に向かうことの恐怖を隠すことなく姉にぶつける。いつだって誰かの心が壊れそうになる時、六郎の力強くも優しい抱擁があった。特に思い出深いのは香川で自分の出生の秘密を知り、アイデンティティクライシスに陥った鈴子を彼が抱きしめた時のこと。今度は六郎が、自分が世界から消えてしまうような感覚に怯えている。そんな彼を鈴子は力強く、抱きしめた。

 そして今度は、危篤状態のツヤとの別れが彼女を待っていた。電報を受けてすぐに母の元へ向かおうとするが、新しい演出家や劇団側はショーに出てほしいと彼女を止める。“親の死に目にあえると思うな”とまで言われてしまったスズ子だが、ある意味でそれ以上に残酷な言葉をかけたのは他でもない、羽鳥(草彅剛)だった。

「自分の苦しい心持ちを味方にして、いつもよりいい歌だと思われるくらいじゃなきゃダメだと思うんだ」

 演出家と違って、大阪に帰れば良いと言う羽鳥。ノベライズ版では、このシーンは元々すでに動揺したスズ子が舞台に上がり、ボロボロになってしまったことを見兼ねて話し合いが設けられたことになっている。そのため、すでに彼女は舞台衣装を身に纏っているのだ。そして羽鳥は散々な出来だったスズ子に対し、(今日の彼女なら)いくらでも代わりはいると伝えた上で、改めて先の言葉と共に彼女の“舞台”に対する覚悟を求めていたのだ。

 その羽鳥に応えるかのように、舞台に立つことを決めるスズ子。舞台袖で「お母ちゃん、ワテは歌手として大きなりたいんや」と心の中でつぶやいた彼女は、その後これまでにない力強いパフォーマンスを見せつけた。 この時、スズ子は花田鈴子ではなく“多くの人に福を与えて”という母の願いがこもった福来スズ子として生きる覚悟を本当の意味で決めたように感じる。

 母親の死に目にあうことも許されず、踊って歌う。ある意味で『ブギウギ』のオープニング映像のマリオネットを彷彿とさせられるスズ子だったが、その真の恐ろしさは彼女自身がただの言いなりになるだけではなく、それを超えて全てを自分のものにしてやるほどのハングリー精神が垣間見えた点にあるのではないだろうか。パフォーマンスが終わった瞬間、どうしても口角が上がってしまうのを抑えられないスズ子。そんな彼女を目の当たりにした羽鳥は、自分が彼女に“それほど”の覚悟を求めたことが正しかったことなのか疑ってしまうような、これでよかったのだろうかと戸惑うような複雑な表情を見せる。草彅剛が魅せた、素晴らしい演技だった。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる