松村北斗×上白石萌音、『夜明けのすべて』での再共演が話題 『カムカム』の夫婦愛を回顧

松村北斗と上白石萌音の再共演への期待

 今回、『夜明けのすべて』で松村と上白石が演じるのは、共に生きにくさを抱えながらも懸命に暮らす人たちだ。松村演じる山添孝俊はパニック障害を抱え、電車や美容室など逃げられない空間に行くことができず、上白石演じる藤沢美紗はPMS(月経前症候群)でどうしても感情の波を抑えられないことがある人物だと明かされている。山添と藤沢は職場の同僚にして、互いの心身の不調を支え合う“仲間”でもある。松村と上白石が新たな関係性で心に響く芝居を見せてくれることが期待される。

 多くの人が、出口のない不調を抱えることや、抗えない心と身体の叫びに太刀打ちできない苦しさを一度は感じたことがあるだろう。そんな不安や、やるせなささえも、松村と上白石なら人々の心に寄り添う表現で魅せてくれるのではないだろうか。『夜明けのすべて』という原作のタイトルは、どこかに“夜明け”を思わせる希望を感じさせる。そんな希望を携えながら松村と上白石が紡ぎ出す物語に注目したい。

■公開情報
『夜明けのすべて』
2024年2月 ロードショー
出演:松村北斗、上白石萌音
原作:瀬尾まいこ『夜明けのすべて』(水鈴社刊)
監督:三宅唱
脚本:和田清人、三宅唱
企画・制作:ホリプロ
制作プロダクション:ザフール
配給:バンダイナムコフィルムワークス=アスミック・エース
製作:『夜明けのすべて』 製作委員会
©瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会
公式サイト:yoakenosubete-movie.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:@yoakenosubete
公式Instagram:@yoakenosubete_movie

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる