『マイファミリー』最終回、犯人は吉乃?阿久津?もしくは心春? 真相と真犯人を考察

『マイファミリー』真相と真犯人を考察

 二宮和也主演の日曜劇場『マイファミリー』(TBS系)がいよいよ最終回を迎える。そこで、これまでの経緯から推測される事件の真相や真犯人について考察してみたい。

 物語は、時代の寵児と謳われている「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社長・鳴沢温人(二宮和也)と妻・未知留(多部未華子)の娘・友果(大島美優)が誘拐され、温人とは疎遠になっていた大学時代の親友である弁護士・三輪碧(賀来賢人)と、元刑事の東堂樹生(濱田岳)を未知留が呼びだし、温人は真っ先に警察に協力を依頼するが、犯人に勘付かれ交渉失敗となったため、警察を排除し、自分たちだけで友果を救出したことから連続誘拐事件が始まる。

 描かれた誘拐事件は4件。5年前の東堂が刑事時代に娘の心春(野澤しおり)誘拐事件は、妻・亜希(珠城りょう)の狂言誘拐と警察は断定し迷宮入り。友果誘拐事件は、東堂が真犯人を炙り出す為に、亜希の唯一の肉親・妹である鳴沢の会社で働く亜矢(藤間爽子)が協力して模倣犯となり実行。三輪の娘・優月(山崎莉里那)の誘拐は、真犯人を誘き出そうと友果誘拐事件の暴露本を書き、それに反応した真犯人からの指示で東堂と亜矢が実行。鳴沢家と家族ぐるみの交流がある、NEXホールディングスのCEOの阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)誘拐事件は、真犯人から東堂に「実咲を誘拐した」と事後報告で知り、運び屋として活動。つまり東堂と亜矢は友果誘拐だけ自主的に行い、他は真犯人が主犯。特に実咲誘拐は東堂に実行犯をやらせなかったことが鍵となっている。

 現在物語の焦点になっているのが、真犯人の情報が隠されている実咲のタブレット。実は心春と実咲は小学生時代の親友で、心春は実咲にあるファイルを送付していて、葛城(玉木宏)は真犯人の目的はそのフォルダファイルにあると確信。しかしタブレットは、現在実咲と仲の良い友果が借りていて、警察も犯人も見逃していた。タブレットの存在は、捜査一課の鷲尾(山田キヌヲ)が同じ捜査一課の日下部(迫田孝也)に連絡し、新人刑事の梅木司(那須雄登)が鳴沢家を訪れた時に、東堂からと思われる機械音声の電話で「未知留、誰にも渡すな。もし誰か取りに来たら、そいつが犯人だ」と聞いた未知留はタブレットを持って逃げ出すも、誰かに捕まってしまい第9話は終了。東堂が未知留に連絡するなら機械音を使う必要はなく、かといって「未知留」と呼び捨てにしているところが、身近な人物の可能性が高い。

 心春誘拐事件で疑われるのは、事件をもみ消したい警察内部の人物による犯行。なかでも日下部は何かと葛城に否定的で、見るからに葛城との対立構造が激しくなっているが、以前に手柄を条件にファミレスで協力を約束した仲であり、2人の対立は真犯人を誘導させる演技にも見える。では2人は誰を疑っているのか、ネット上で一番真犯人説が多いのが吉乃(富澤たけし)だ。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる