森川葵「王道ヒロインではない」 似ているところだらけの『ナンバMG5』深雪の魅力とは

「大人な役にも挑戦したい」森川葵の野望

 新水10ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系)。小沢としおの同名コミック『ナンバMG5』と『ナンバデッドエンド』(秋田書店)を原作とした本作は、筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮祥太朗)が、実はヤンキーをやめて普通の高校生になりたいと思い、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビューの物語だ。

 そんな本作に登場するヒロイン・藤田深雪は、“まじめ”な高校、白百合高校に通う剛のクラスメイト。洗練されたかわいらしさと、不良同士のケンカに物おじせず止めに入る大胆な行動をするなどといった予測できない一面を持ち合わせている役どころだ。今回は、深雪を演じた森川葵にインタビュー。自身と「似ている」部分が多い深雪の魅力や、森川自身がハマっていること、今後やってみたい役などについて、自由に語ってもらった。(於ありさ)

「王道のヒロイン」ではない、深雪の魅力

ーーオファーが来た時の気持ちと、深雪をどのようなキャラクターだと認識しているのかを教えてください。

森川葵(以下、森川):嬉しかったですね。ヒロイン役でありながら、信じられない行動を取ったり、悪巧みをするような表情をしたりする、普通じゃないヒロインなので、私向きなのかなと感じました。深雪は最初こそ普通にかわいい、王道のヒロインに見えるのですが、話が進んでいくにつれて、ただの清純なヒロインじゃない部分が増えていきます。そこのギャップは見ていて楽しいと思うので、ぜひ注目してほしいです。

ーー本広克行監督からは、どのようなことを要求されていますか?

森川:以前「一瞬の間に真顔になる瞬間と、ニコってしてる瞬間を入れてほしい」と言われた時は、どうしたらいいのか迷いました。「こんな短い間に入れられるかな」と思い模索しましたが、いろいろやってみるうちにOKをいただけて、「あ、今のがOKなのか」と(笑)。あとは、クランクイン前に「森川さんは女性のファンの方が多いと思うんですよ。でも、今回は男性の方にも好きになってもらえるようなヒロインにしたいと思ってるんだよね」と衣装合わせの時に言われたのが印象に残っています。

ーーそのような要求を受けて、演じる上で大事にしていることがあれば教えてください。

森川:清楚なヒロイン像ができあがってこそ、深雪の変わった行動が際立つと思うので、いろいろやりたくなるところをぐっと抑えるようにしています。

共通点はポテチが好きなところ

ーー深雪と森川さんが似ているところ、似ていないところを教えてください。

森川:似ているところは、ポテチが好きなところですね。私もポテチが好きで、最後のカスまで食べちゃうので、すごく共感しました。あとは絶対に足を踏み入れない方がいい場面でも、足を踏み入れてしまうところが似ているなと感じます。反対に、似ていないところは……ないかもしれません。

ーー共通点が多い深雪とは、友達になれるタイプでしょうか?

森川:えー! でも、正直あまり近づかないと思います。結構キャラ被りはしたくないタイプなので、同じクラスにいたら近づきたくないですね(笑)。

ーー今回、深雪は剛と大丸、2人の男性から思いを寄せられる役です。どのようなところがモテポイントだと感じますか?

森川:放っておけないところですかね。予想できないような行動が多いので「何してるの?」と助けているうちに、良い感じになっちゃうと思います。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる