『真犯人フラグ』佐野勇斗演じる一星が語った“真相” 次回で正解がほぼ分かる?

『真犯人フラグ』一星が語った“真相”とは

 一星(佐野勇斗)と本木(生駒里奈)の高校時代の写真が拡散されたことで、SNS上では一星へのバッシングが巻き起こる。そして一星と連絡が取れず、一星の実家の定食屋に向かった光莉(原菜乃華)は、そこですみれ(須藤理彩)から封筒を渡される。その中に入っていたのは凌介(西島秀俊)のトランクルームの鍵。光莉から家出の資金調達のために貴重な本を売ってしまったことを告げられショックを受けた凌介は、瑞穂(芳根京子)に頼んで古本屋への配送履歴を調べる。すると、古本を送った人物は一星でも光莉でもなく、本木であることが判明するのだ。

 2月27日に放送された『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系)第18話。今回のエピソードを含めて残り3話とあって、順調に細かな伏線が回収されていく。「至上の時」に呼び出され、凌介や河村(田中哲司)たちから追及を受けた一星。ついに化けの皮が剥がれ、“真相”を語り出す。それは第15話で明らかにされた、光莉の失踪=一星と入念に計画した家出であったことを補足するものでもあり、前回のエピソードで逮捕された本木の口から語られた光莉を拉致監禁した理由をほとんど覆すものであったといってもいいだろう。

 相良邸の建設予定地に埋められたローファー(第2話のラスト)や山奥のトンネルで発見された光莉の携帯電話(第3話)がいずれも本木の仕業であったこと。第1話で本木が駅で凌介に声をかけたのはトランクルームの鍵を盗むためであり、その時に一星自ら撮影した写真を本木が“ミシシッピアカミミガメ”のアカウントを使って広めたこと。凌介の近くでずっとサポートを続けていた一星が、世間の反応を楽しむためにやったという動機自体は随分と後味の悪いものであるが、これで光莉に関する件はほぼ明らかになったはずだ。そして第1話からミステリアスに映されてきた本木の不可解の行動も、林(深水元基)を追っていた点だけがいまひとつ不明ではあるが、その輪郭がかなりはっきり見えてきた。

 いずれにしても“真帆の失踪”、“光莉の家出”、“篤斗の誘拐”と同時多発的に起きた3つの事件の真相が複雑に入り混じりながら、それらを解き明かすピースが小出しにされているここ数話。“篤斗の誘拐”に関しても今回、光莉が生まれた際のホームビデオで真帆(宮沢りえ)の隣のベッドにバタコ(香里奈)がいたという大きな繋がりがわかる。バタコの供述と回想によれば、息子の圭樹(村上秋峨)の死を受け入れきれず、圭樹がつける10番のユニフォームをゲットした篤斗を自分の息子であると思い込むようになったと。おそらく中村充(前野朋哉)と凌介の10年ぐらい前の繋がりというのも、16年ほど前のことになるが産科で隣り合わせになった顔見知りといったところか。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる