佐々木希、社長令嬢役で『カムカム』に登場 ジョーとるいの関係を動かす存在に?

佐々木希、社長令嬢役で『カムカム』に登場 

 第12週の予告編に新たな登場人物が加わった『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)。2代目ヒロイン・るい(深津絵里)やトランペッター仲間であり良きライバルであるトミー(早乙女太一)の後押しもあり、関西一のトランペッターを決めるコンテスト出場を決めた“ジョー”こと錠一郎(オダギリジョー)。このコンテストの主催者である東京の芸能事務所のササプロ社長令嬢・笹川奈々役として、佐々木希が新登場する。

 コンテストでジョーとトミーのトランペットに興味を持つ役どころのようだ。予告編によると短大生のベリー(市川実日子)が「あれは絶対、ジョーを狙とるえ」と煙たがっており、ジョーのトランペットに合わせてピアノを演奏する奈々の様子も見られた。一瞬の登場シーンでもとてもエレガントな風貌に視線を釘付けにされる。

 佐々木は本作が朝ドラ初出演。俳優、モデル、そして自身のファッションブランドを手がけるなど幅広く活躍する佐々木だが、1月17日放送開始の『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)では主演を務める。秋元康企画・原作のコメディータッチな作品となり、佐々木の振り切った姿が見られそうで楽しみだ。

 佐々木の出演作で印象的だったのが、野島伸司オリジナル脚本作『雨が降ると君は優しい』(Hulu)で演じたセックス依存症の主人公・立木彩役だ。とても可憐でチャーミングな普段の彩を象徴するかのような真っ白なワンピースに身を包んだ姿はもちろんのこと、どうしても欲望を抑えられず何かの不足を埋め合わせるように求めてしまう真紅のドレス姿のギャップを内包させ、見事にこの難役を演じ切った。前者と後者では衣装やメイクが異なるとは言え、あまりの別人ぶり、表情に驚かされた。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる