秋元康は“イケメン”をどう定義する? 細田佳央太初主演ドラマ『もしイケ』の注目ポイント

秋元康企画・原作のドラマ『もしイケ』に注目

 彼が演じる役どころはフィジカルな特徴のある人物が多いが、その身体表現に役どころの内面や人柄が見事リンクしており、一見してわかる特徴、特性だけに留まらない人間的魅力を立ち昇らせてくれる。周囲から異質とみなされながらも、そこで自身の居場所をどんどん獲得していく役柄が続いた細田が、本作ではどうやってイケメン揃いの学校で自身の存在感を発揮していくのか大注目だ。

もしもイケメンばかりの高校があったら

 総勢30名を超えるイケメンキャストが大集結するようで、その壮観ぶり、圧倒的ビジュアルを楽しみながら、その中で自身の推しを見つけてみるのも良いかもしれない。女性アイドルの名プロデューサーとしても知られる秋元が本作で“イケメン”たちの素材をどう調理し、それぞれの魅力を引き出してくれるのかも気になるところだ。

 多様な価値観の広がりを見せる今、“イケメン”と一口に言ったってそこには様々な定義を当てはめることができるだろう。本作が提示する真の“イメケン”、“かっこよさ”がどんなものなのか、「選抜イケメン大会」を目指す彼らと一緒に覗いてみたい。

■放送情報
土曜ナイトドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』
テレビ朝日系にて、1月15日(土)スタート 毎週土曜23:00〜23:30放送
出演:細田佳央太、宮世琉弥、藤原大祐、水沢林太郎、内藤秀一郎、藤枝喜輝、遠藤さくら、速水もこみち、秋山菜津子、皆川猿時
企画・原作:秋元康
ゼネラルプロデューサー: 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:高崎壮太(テレビ朝日)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)
演出:唐木希浩、後藤庸介、二宮崇
脚本:服部隆、遠山絵梨香
(c)テレビ朝日
公式Instagram:https://www.instagram.com/moshiike_ex/
公式Twitter:https://twitter.com/moshiike_ex



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる