マーガレット・クアリー×シガニー・ウィーバー『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』5月公開

『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』5月公開

 映画『My Salinger Year(原題)』が、『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』の邦題で5月6日より新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、本が生まれる現場での日々を印象的に綴ったジョアンナ・ラコフの自叙伝『サリンジャーと過ごした日々』(柏書房)を映画化したもの。サリンジャー担当の女性エージェントと新人アシスタントの驚きの実話を描く。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の“プッシーキャット”役で話題を呼んだマーガレット・クアリーが主人公の新米アシスタント・ジョアンナを演じ、女性エージェント・マーガレット役をシガニー・ウィーバーが務める。アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『ぼくたちのムッシュ・ラザール』や『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』のフィリップ・ファラルドーが監督を務めた。 

 90年代、ニューヨーク。作家を夢見るジョアンナ(マーガレット・クアリー)は、老舗出版エージェンシーでJ・D・サリンジャー担当の女上司マーガレット(シガニー・ウィーバー)の編集アシスタントとして働き始める。日々の仕事は、世界中から毎日大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。小説の主人公に自分を重ねる10代の若者、戦争体験をサリンジャーに打ち明ける退役軍人、作家志望の娘を亡くした母親……心揺さぶられる手紙を読むにつれ、飾り気のない定型文を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個人的に手紙を返し始めるが……。ジョアンナは偉大な作家の声を借りていくうちに、自分自身を見つめ直すことになる。友人や恋人との関係について、夢にかける情熱について、そして自分の将来について。“特別”になりたいと願うジョアンナが、自分のストーリーを生きるための1ページをニューヨークで開く。

■公開情報
『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
5月6日(金)新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督・脚本:フィリップ・ファラルドー
原作:『サリンジャーと過ごした日々』(ジョアンナ・ラコフ著/柏書房/井上里訳)
出演:マーガレット・クアリー、シガニー・ウィーバー、ダグラス・ブース、サーナ・カーズレイク、ブライアン・F・オバーン、コルム・フィオールほか
配給:ビターズ・エンド
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ビターズ・エンド
2020年/アイルランド・カナダ合作/101分
9232-2437 Quebec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac (c)2020 All rights reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる