白石聖が称える安田顕の“曲線”とは? 不思議な青春ドラマ『しもべえ』の撮影を振り返る

安田顕×白石聖が『しもべえ』を語る

 数々の名作を生み出してきたNHKドラマ10枠で、1月7日より『しもべえ』の放送がスタートする。村田ひろゆきの同名漫画を原作とした本作は、迷える女子高生ユリナと、ユリナが何気なくダウンロードした謎のアプリから現れるようになった無言のおじさん「しもべえ」を中心とした不思議な青春ドラマ。しもべえを演じる安田顕、ユリナを演じる白石聖に、作品の魅力から現場での2人の関係性まで話を聞いた。(編集部)

言葉はなくても伝わる安田顕のしもべえ

ーー『しもべえ』の脚本を読んだ印象を教えてください。

安田顕(以下、安田):2度とやってこない青春を俯瞰で観ることができるドラマであり役柄かなと思いました。『しもべえ』は、いいお話になるなという気がしているんです。理由はネタバレを気にする必要がないドラマだから。今、ネタバレしないように一生懸命話していますけど、「それが分かったからなに?」「分かった上で観た方がより面白いんじゃないの」っていう。

白石聖(以下、白石):学生時代って、学校とかバイト先とか限られた世界が全てで、今思うとちっぽけだったことも当時はそれが大きな悩みだったりしましたよね。1話を初めて読んだ時にそんなことを思い出しました。そこで起きるちょっとした事件におじさんのしもべえが現れる。ユリナと2人の不思議な関係性もそうですし、私が演じる鴨志田ユリナがどんなことを感じて成長していくのかは見てほしいポイントです。あとは、『しもべえ』は1話完結というわけではないんですが、どこから観ても入りやすい作品だなと思います。

ーーしもべえは、ひとことも話さない人間離れした存在です。安田さんは喋らないキャラクターをどのように演じていますか?

安田:今も撮影中(インタビュー当時)で試行錯誤ではあるんですが、手先に感覚を持つようにしています。どういう表情をしようという時点で表現としては違う。大体その人が何を考えているか、どういう思いかは顔だけでなく手先に出たりするんですよね。例えば、おしぼりをずっとひっくり返している人もいれば拭いてる人もいる。きっとその辺に感情って表れてくるんだろうなっていうのは気をつけてはいるけど、なかなかできない……。難しいですね。あとは、白石さんは本当に勘がいい方です。一緒に演技をする時、このしもべえは喋らないけどどういうリアクションをするっていうのをちゃんと待ってくれるので、それはありがたいですね。

白石:ありがとうございます。安田さんからそういうふうに感じ取ってもらえていたのは、すごく嬉しいです。

安田:まぁ、喋らないからね。

白石:私はしもべえが喋らないということをそこまで意識したことはなかったです。セリフはなくても、いるだけで伝わってくるので。

安田:つまり、眼中にないってこと(笑)?

白石:いえ(笑)。言葉はなくとも安田さんの目から感情は伝わるし、コミュニケーションは取れている気がしていて。だから、あまり気にしてなかったのかもしれないです。

安田:しもべえは、設定としてありえないくらい強いというバカバカしさでやってますので。

白石:手を伸ばしただけでグンッ!と相手が持ち上がるような。少しの力で倒されていく。

安田:あとは放送では特殊な早送りとかコマ送りをしてくださるみたいで、すごい距離を走るんですよ。現場では言わないけど筋肉痛が酷い……(笑)。

ーー安田さんは手先に感覚を持つようにしているということでしたが、白石さんはユリナを演じる上で意識されていることはありますか?

白石:いろいろな声を出そうと思っています。序盤は叫ぶシーンが多くて、コメディなので反応も声も大きく求められていますが、それだけではなく物語の中でポイントになりそうなセリフはいろんな種類の声を出してみようと意識しています。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる