小栗旬、新垣結衣にストーカー的なアプローチ!? 小池栄子「そういうところ義時っぽい」

『鎌倉殿の13人』小栗旬らが現場を語る

 2022年1月9日から放送開始となるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のオンライン取材会が12月17日に行われ、小栗旬、新垣結衣、菅田将暉、小池栄子、大泉洋が出席した。

 本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)にすべてを学んだ二代目執権・北条義時(小栗旬)を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描く。脚本は、『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手がける。

菅田将暉

 最初に「三谷作品を演じていて楽しい?」と問われた大泉は、「いかがですか? 菅田さん」とまさかのパス。「えええ!?」と驚く菅田に、大泉が「(紅白歌合戦の)司会者ですからね。年末に向けて予行練習してますから」と告げると、菅田は「先輩の甘えが見えました。後輩に振るっていう」とぼやきつつ、「本がコメディにも見えるし、シリアスにもなる。現場の調和でどっちにもなる感じが楽しいです」と笑顔を見せるなど、さっそく和気あいあい。

小栗旬

 小栗は「この部分は必要なんだろうか、と思うようなところに面白い要素を入れて来られることが非常に多い」と脚本の印象を明かし、「ここで終わらせてもいいはずなのに、もう一個笑いの要素を入れてくる。演じる上では急な切り替えが難しいけど、人間らしいっちゃあ人間らしいのかなと。三谷さんの大河の面白い点なのかなと思います」と語った。

 『真田丸』で三谷大河を経験し、今回源頼朝を演じる大泉は「『真田丸』よりも若干コメディ要素が強い」と言い、「やたらと(小池演じる北条)政子さんが誘惑してくるんですよ」と話す。

小池栄子

 小池が「ト書きでいかようにもおもしろくできるけど、その加減を大泉さんは教えてくれました。笑わせにいくとお客様が冷めちゃう。コメディとはそういうものじゃないかって」と振り返ると、「私、そんなこと言いましたか?」と大泉。すると小池は「言いました、随分えらそうに。はっきり覚えてる。ずっと忘れない」と言い放って笑わせた。

新垣結衣

 大河初出演となる八重役の新垣は「歴史を動かしてきた人たちを描いているけど、シリアスな格好いい部分だけじゃなくて、コメディ要素でダメな部分、可愛らしい部分を描いている」とコメント。また「(菅田演じる)義経さんは異常に可愛いね。菅田くんだからかわいいのかしらね」と話す大泉に、菅田が「初日にそう言っていただけた後に、大泉さんが『俺のほうが可愛いからな』って。別にそこで勝負してないし」と返すとキャストたちは大爆笑。小池が「ちっさい男だよ」と言いつつ、「嫉妬しちゃうくらい可愛いってことだよね」とフォローし、大泉も「下手したら若干ガッキーよりも可愛いんじゃないかな」と菅田の可愛さを強調した。

大泉洋
大泉洋

 すると新垣が「頼朝さんも可愛いんだと思いますよ」と口を開き、「大泉さんが演じる頼朝さんだから、みんなどうにかしてあげたくなるんだと思います」とにっこり。「小池さんもああいうこと言えないかな」と喜ぶ大泉だったが、小池が「大泉さんの人たらしな感じは頼朝に近いと思う。そりゃあ(頼朝の妻になる)役だもん、私も一生懸命愛さないと」と伝えると、「役だもんって言い方あります?」と不満げだった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる