小野賢章、『不死鳥の騎士団』で印象的なシーンは? 『ハリー・ポッター』を振り返る

 12月3日に『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送される『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』。本作で主人公ハリー・ポッターの日本語吹き替えを務めた小野賢章からコメントが寄せられた。

小野賢章

 世界中で愛され、現在も人々を魅了し続けている『ハリー・ポッター』シリーズ。J・K・ローリングにより生み出されたファンタジー小説は、1997年に第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』が発売されてから瞬く間にベストセラーとなった。今から20年前の2001年には映画『ハリー・ポッターと賢者の石』、翌年に映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が公開。その後2011年までに全8作が製作されヒットを記録した。

 シリーズ第5作である『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、魔法学校の5年生となり、肉体的にも精神的にも成長したハリーたちが、少年から大人の世界に踏み出して、宿敵・ヴォルデモートとの闘いに挑んでいくという、ストーリー全体の大きな転換点を迎える。

 小野は本作で印象的に残っているシーンとして、ハリーとチョウ・チャンとのキスシーンをピックアップ。「ドキドキしたのを覚えてます」と振り返った。

 また、シリーズについては「僕にとっては光栄なことですし、当時は『ハリー・ポッター』ってそんなに大作なんだって思わずにやってましたけど、今になって存在はどんどん大きくなってます」とコメント。「当時生まれていない子供たちが『ハリー・ポッター』を観て、夢をもったり、ワクワクしてもらいたいなって思いますね」とアピールした。

小野賢章 コメント

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で印象に残っているシーン

やっぱりチョウ・チャンとのあのキスのシーンはかなり衝撃というか、かなり印象に残っていて、僕もたぶん15歳、16歳とかで、まだ初キスも経験してないような年だったので、相当ドキドキしながら見たシーンです。ここのシーンは細かく息入れたりとかしてないと思いますけど、なんかドキドキしたのを覚えてますね。

それと、初めてみんなが私服で行動しているのが印象的ですね、それまではずっと制服でローブを着て、杖もって、という感じだったので、みんなが私服で行動してるのがすごい新鮮でしたね。それで、私服で魔法を使ってっていうのが現実でもいそうだなって、そう思わせてくれるような感じが印象に残っていますね。あとは、ダドリーも一緒に成長しているのも(笑)、これもハリー・ポッターの醍醐味ではあるかなって思いますね。現実のマグル(魔法を使えない一般の人)たちが、ちゃんと成長して悪ガキになっているっていうね(笑)。

あとは何といっても、シリウスとのシーンはやっぱり衝撃です。ハリーにとっては第2のお父さんと思えるような存在で、実際の父親の記憶がないから本当のお父さんのような存在だったんだと思いますけどね。そのシリウスが……! っていうところが印象的ですね。

もし魔法を使えるなら

「ルーモス」(暗い場所を杖で照らす呪文)とかはすごい便利な魔法だなと思います。あと「アロホモラ」(鍵のかかったドア、窓あるいは物体を開ける呪文)。いやー、ほんと便利だなって思いますね。あとは、魔法じゃないですけど「透明マント」はマストでほしいですよね!

『ハリー・ポッター』という存在

『ハリー・ポッター』は僕の中では、ずっと存在し続けるものになるかなと思います。
(シリーズ全8作が)終わった後でも、やっぱり「ハリー・ポッター」ってすごいなって、いまだに思いますし、「『ハリー・ポッター』すごく好きです!」っていうのを、いまだに言われるんですよ。
本当にそんな作品をやれた事っていうのは、僕にとっては光栄なことですし、当時は『ハリー・ポッター』ってそんなに大作なんだって思わずにやってましたけど、今になって存在はどんどん大きくなってます。
当時見てた人は、すっかり大人になっているので、ここからは次のステップで、(リアルタイムで)見ていない、当時生まれていない子供たちが『ハリー・ポッター』を観て、夢をもったり、ワクワクしてもらいたいなって思いますね。

20211203_harrypotter_sub01
20211203_harrypotter_sub02
20211203_harrypotter_sub03
20211203_harrypotter_sub04
20211203_harrypotter_sub05
previous arrow
next arrow
20211203_harrypotter_sub01
20211203_harrypotter_sub02
20211203_harrypotter_sub03
20211203_harrypotter_sub04
20211203_harrypotter_sub05
previous arrow
next arrow

■放送情報
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
日本テレビ系にて、12月3日(金)21:00~23:24放送(※放送枠30分拡大)
原作:J・K・ローリング
監督:デイビッド・イェーツ
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマン、イメルダ・スタウントン
TM & (c)2007 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (c)J.K.R.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる