『トイ・ストーリー』から誕生『バズ・ライトイヤー』2022年7月公開 特報&ビジュアルも

 『トイ・ストーリー』のディズニー&ピクサー最新作『Lightyear(原題)』が、『バズ・ライトイヤー』の邦題で2022年7月に全国公開されることが決定。あわせてティザービジュアルと特報映像が公開された。

 本作は、『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤーのオリジン・ストーリーで、世界で最も有名なスペース・レンジャーの誕生の秘密を描く物語。1995年の映画『トイ・ストーリー』で、アンディが夢中になった流行のテレビアニメ『バズ・ライトイヤー』の主人公をモチーフにしたおもちゃとして登場したバズ。バズ自身も当初自分はおもちゃではなく、本物のスペース・レンジャーと信じこんでいたが……。“もしもアンディが夢中になったバズ・ライトイヤーの物語の世界が実在したら?”という世界観を舞台に繰り広げられる。

 監督を務めるのは、『ファインディング・ドリー』でアンドリュー・スタントンと共に共同監督を務め、『トイ・ストーリー』シリーズの短編『ニセものバズがやって来た』で監督を、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では脚本・監督を務めたアンガス・マクレーン。バズ・ライトイヤーの声優は、『アベンジャーズ』シリーズなどでキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスが担当する。

「バズ・ライトイヤー」特報

 公開された特報映像では、おもちゃのバズ・ライトイヤーではなく、『トイ・ストーリー』の世界で、アンディが夢中になったであろう「スペース・レンジャー“バズ・ライトイヤー”」の世界が広がる。ピクサーが「『バズ・ライトイヤー』は、若きテスト・パイロットが、みんなの知っているスペース・レンジャーになる原点の物語」と明かす通り、映像では壮大な宇宙を舞台に、バズがテスト・パイロットに挑む様子や、彼がおなじみのコスチューム(宇宙服)を初めて目にする瞬間が描き出される。そしてバズ・ライトイヤーの有名な決め台詞「無限の彼方へ、さぁ」と、まさに言い終えようとしたところで映像はエンディングを迎える。

■公開情報
『バズ・ライトイヤー』
2022年7月、全国ロードショー
監督:アンガス・マクレーン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる