数々の名曲を生んだ音楽スタジオの歴史を辿る 『ロックフィールド』2022年1月公開へ

 ドキュメンタリー映画『Rockfield: The Studio on the Farm』が、『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』の邦題で2022年1月28日より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開されることが決定した。

 本作は、1970年代から2000年代にかけてブリティッシュロックの名曲を次々と生み出した音楽スタジオ・ロックフィールドの歴史を辿るドキュメンタリー映画。

 今から50年以上前、ウェールズの片田舎で音楽好きの兄弟キングズリーとチャールズが家業の酪農場を引き継ぐ。当時エルヴィス・プレスリーに夢中だったふたりは、農場の仕事の傍ら、屋根裏に録音機材を持ち込み、大胆にもレコーディングスタジオを作ってしまう。当初は友人らと使用する目的だったが、空き部屋を宿泊施設に改修したことで、兄弟は無意識に“世界初”の宿泊可能な滞在型音楽スタジオ、ロックフィールドを設立。図らずもまたたく間に情報が広がり、バンドマンが録音したい場所として国際的な注目を集め出す。

 ブラック・サバス、クイーン、エコー&ザ・バニー・メン、イギー・ポップら多くの人気ミュージシャンが利用したというロックフィールド。1997年の最盛期にはイギリス国内ベスト10のうち7つのアルバムがロックフィールドで録音されたという逸話も持つ。なかでも、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」をレコーディングしたのはこの地であり、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でもその様子が描かれたことで広く知られている。

■公開情報
『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』
2022年1月28日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開
出演:キングズリー・ウォード、チャールズ・ウォード、オジー・オズボーン、ロバート・プラント、リアム・ギャラガー、クリス・マーティン、ティム・バージェス、ジム・カー
監督:ハンナ・ベリーマン
撮影:パトリック・スミス
編集:ルパート・ハウスマン
音楽:アレクサンダー・パーソンズ
配給:アンプラグド
2020年/イギリス/ドキュメンタリー/96分/シネスコ/2.0ch/原題:Rockfield: The Studio on the Farm/日本語字幕:大塚美左恵
(c)2020 Ie Ie Rockfield Productions Ltd.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる