巨匠指揮者率いる実在のオーケストラがモデルに 『クレッシェンド 音楽の架け橋』公開へ

『クレッシェンド 音楽の架け橋』公開決定

 映画『CRESCENDO #makemusicnotwar(原題)』が、『クレッシェンド 音楽の架け橋』の邦題で2022年1月28日より全国公開されることが決定。あわせて特報映像、ポスタービジュアル、場面写真が公開された。

 本作は、“世界で最も解決が難しい”とされる紛争で今この時も闘うパレスチナとイスラエルから、音楽家を夢見る若者たちを集めて結成されたオーケストラの物語。モデルとなったのは、巨匠指揮者ダニエル・バレンボイム率いる「ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団」だ。米文学者エドワード・サイードと共に、中東の障壁を打ち破ろうと1999年に設立され、「共存への架け橋」を理念に現在も世界中でツアーを行うなど活動を続けている。

 若者たちの対立と葛藤、恋と友情を彩るのは、ラヴェルの「ボレロ」、パッヘルベルの「カノン」などクラシックの名曲の数々。和平コンサートが目前に迫った21日間の合宿で、激しく憎しみをぶつけ合う若者たち。ラストに待つ、あらゆる障害を乗り越えた“魂の演奏”とは。

 タイトルの「クレッシェンド」とは、「だんだん強く」を意味する音楽用語。一人と一人の間に音楽を通じて芽生えた小さな共振が、やがて強く大きく世界中に響きわたっていく。

 彼らのスピリットから着想を得て脚本を共同で書き下ろし、監督も務めたのは、イスラエル・テルアビブ出身のドロール・ザハヴィ。若者たちを導くマエストロを、『ありがとう、トニ・エルドマン』のペーター・シモニシェックが演じた。

映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』特報

 特報映像は、劇中でも流れる「カノン」の曲に乗せ、世界的指揮者のスポルクがオーケストラを編成する企画を依頼されるシーンから始まる。音楽家を目指すパレスチナ人のレイラは家族の反対を押し切り、テルアビブでのオーディションに行くまでに厳しい検問を通過しなければいけない。そして憎しみあう楽団員は激しくぶつかり合いリハーサルどころではない。果たして彼らは心をひとつに音楽を奏でられるのか。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、敵対するイスラエル人のロン(ダニエル・ドンスコイ)とパレスチナ人のレイラ(サブリナ・アマーリ)、そしてオーケストラを率いるスポルク(ペーター・シモニシェック)の強い目線が交差する1枚。ロンとレイラの間にある心の壁を繋ぐように、“争いを乗り越える演奏がここにある”というコピーが浮かぶ。

 場面写真では、力強くバイオリンを掲げるレイラの姿、南チロルの山間部での合宿の様子、ユダヤとアラブという垣根を越えて恋心が芽生える若き楽団員、検問を通過するのに厳重なチェックを受ける厳しい現実、合宿でのワークショップの様子などが切り取られている。

『クレッシェンド 音楽の架け橋』場面写真

■公開情報
『クレッシェンド 音楽の架け橋』
2022年1月28日(金)より全国公開
主演:ペーター・シモニシェック
監督:ドロール・ザハヴィ
配給:松竹
宣伝:ロングライド
2019年/ドイツ/英語・ドイツ語・ヘブライ語・アラビア語/112分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:CRESCENDO #makemusicnotwar/日本語字幕:牧野琴子/字幕監修:細田和江
(c)CCC Filmkunst GmbH
公式サイト:movies.shochiku.co.jp/crescendo/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる