藤原竜也が絶望する『ノイズ』新予告&ポスター公開 伊藤歩、寺島進ら追加キャストも

藤原竜也が絶望する『ノイズ』新予告

 2022年1月28日に公開される藤原竜也と松山ケンイチのW主演映画『ノイズ』の追加キャストが発表され、あわせてポスタービジュアルと新予告編が公開された。

 本作は、筒井哲也が『グランドジャンプ』(集英社)で連載していた全3巻のコミックを原作としたサスペンス映画。時代に取り残され、過疎化に苦しむ猪狩島で、島の青年・泉圭太(藤原竜也)が生産を始めた“黒イチジク”が高く評価され、島には地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、島民たちには復活という希望の兆しが見えていた。そんな平和な日常が小御坂睦雄(渡辺大知)の登場によって一変。圭太と彼の幼なじみの猟師・田辺純(松山ケンイチ)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)の3人は、小御坂の不審な言動に違和感を覚え追い詰めていくが、圭太の娘の失踪を機に誤って小御坂を殺してしまう。島の未来、そして家族の未来を守るため、3人はこの殺人を隠すことを決意。しかし、小御坂の足取りを追って県警が大挙に押し寄せて静かな島は騒然とする。小御坂は元受刑者のサイコキラーだった。圭太たちの殺人、警察の捜査、島民たちの結束、そして次々と増える第2、第3の死体、凶悪犯が持ち込んだ一滴の悪意が、染みのように徐々に広がっていき、平和な島を飲み込んでいく。

 追加キャストとして発表されたのは、3人を追い詰める刑事・畠山(永瀬正敏)の相棒・青木千尋役の伊藤歩、農家・床吉の息子・横田昭一役の酒向芳、町長・庄司の部下・野毛二郎役の迫田孝也、真一郎の母・守屋仁美役の鶴田真由、地方創生局員として猪狩島に訪れる酒井義昭役の波岡一喜、真一郎の先輩として前任の駐在員を務めた岡崎正役の寺島進、猪狩島の復興を第一に考える町長・庄司華江役の余貴美子、そして圭太と純の隣人で、物語の重要なカギを握る農家・横田庄吉役の柄本明。

『ノイズ』本予告

  公開された新予告は、平和な島で暮らす親友の3人の日常が、一人の“ノイズ”を誤って殺してしまったことで崩壊していくところから始まり、真一郎が言い放つ「全部、なかったことにしましょう」という決意の台詞から、死体を隠しきるための3人の隠ぺい工作が動き出す様子が映し出されている。「死体がバレたら終わり」という極限状況の中、彼らが殺してしまったのは、警察に追われていた凶悪犯の小御坂睦男であるということが発覚。様々なプレッシャーが3人に襲い掛かり、島中に警察の捜査の手が張り巡らされることで、捜査の手が3人にも迫りくる。新たな死体の存在も明らかになり、事態は急展開。映像の後半では、「もう何やったって駄目だ…」と絶望する圭太の姿も映し出されている。

 また、新ポスターは、ビジュアル全体にタイトル同様のノイズがかかったような加工がなされたデザインに仕上がっている。

『ノイズ』場面写真はこちら

■公開情報
『ノイズ』
2022年1月28日(金)全国ロードショー
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、渡辺大知、黒木華、伊藤歩、渡辺大知、酒向芳、迫田孝也、鶴田真由、波岡一喜、寺島進、余貴美子、柄本明、永瀬正敏
原作:筒井哲也『ノイズ(noise)』(集英社ヤングジャンプ コミックスGJ刊)
監督:廣木隆一
脚本:片岡翔
音楽:大友良英
企画・プロデューサー:北島直明
製作・企画:日本テレビ放送網
制作:クレデウス
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)筒井哲也/集英社 (c)2022映画「ノイズ」製作委員会
公式サイト:noisemoviejp
公式Twitter:@noise_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる