アニャ・テイラー=ジョイの魅惑的な姿も 『ラストナイト・イン・ソーホー』予告編

 エドガー・ライト監督の新作映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の公開日が12月10日に決定し、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』『ベイビー・ドライバー』などのライト監督4年ぶりの新作となるタイムリープ・サイコホラー。

 キャストには、『ジョジョ・ラビット』『オールド』のトーマシン・マッケンジー、Netflixオリジナルシリーズ『クイーンズ・ギャンビット』のアニャ・テイラー=ジョイが名を連ね、ロンドンの異なる時代に存在する二人の若い女性を演じる。彼女たちはある恐ろしい出来事によって、それぞれが抱く“夢”と“恐怖”がシンクロしていく。同じ場所で異なる時代を生きる二人が出会ったとき、果たして彼女たちに何が起きるのか。

 ポスタービジュアルは、マッケンジーとテイラー=ジョイの2人のほか、それぞれの時代で出会う男たちの姿も写し出されている。ネオンがあやしく光り輝くロンドンのソーホーの街に溶け込み、まっすぐこちらを見つめるマッケンジーとテイラー=ジョイの表情が収められている。

『ラストナイト・イン・ソーホー』予告編

 あわせて公開された予告編は、ストーリー展開に合わせて60年代の名曲とともに彩られる映像に仕上がっている。ファッション・デザイナーになることを夢見るエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、新生活の期待を胸に大都会ロンドンのソーホーへやってくる。しかし、デザイン学校に入学するも、 60年代に憧れを持つ彼女は同世代の周囲とはうまく馴染めずにいた。寮を飛び出し、一人暮らしをスタート。お気に入りのレコードをかけ、ひとり眠りにつくと、エロイーズは夢の中へ。通りを抜けて辿りついた先には、60年代のソーホーの街に佇むクラブ「カフェ・ド・パリ」。足を踏み入れると、鏡越しにひとりの女性、魅惑的な雰囲気をまとうサンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)を見つける。サンディと出会ってから、エロイーズの生活は一転。夜毎、彼女を追いかけ覗き込むうちに、「これは夢じゃない」と思い始めるが……。

■公開情報
『ラストナイト・イン・ソーホー』
12月10日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開
監督:エドガー・ライト
脚本:エドガー・ライト、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
製作:ティム・ヴィーヴァン、ニラ・パーク
出演:アニャ・テイラー=ジョイ、トーマシン・マッケンジー、マット・スミス、テレンス・スタンプ、マイケル・アジャオほか
配給:パルコ、ユニバーサル映画
2021年/イギリス/カラー/デジタル/英語/原題:Last Night In Soho/R-15
(c)2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED
公式Twitter:@LNIS_JP
公式Instagram:@LNIS_JP



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる