個性豊かなマドリガル家のメンバーと魔法を紹介 『ミラベルと魔法だらけの家』新写真公開

『ミラベルと魔法だらけの家』家族を紹介

 11月26日に公開されるディズニー・アニメーション・スタジオ新作映画『ミラベルと魔法だらけの家』より、“魔法”を持たない新ヒロイン・ミラベルを取り巻く個性豊かなマドリガル家の新写真が公開された。

 主人公ミラベルは、活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家に生まれた女の子。ミラベルが住むマドリガル家に生まれた子供たちは、1人1人違った個性を持つ“魔法の才能(ギフト)”を家から与えられるが、ミラベルはたった1人だけ“魔法のギフト”をもらえなかったのだった……。

 本作の監督を務めるのは、『塔の上のラプンツェル』(2011年)、『ズートピア』(2016年)で監督を務めたバイロン・ハワードと、『ズートピア』で共同監督・脚本を務めたジャレド・ブッシュ。ディズニー長編アニメーション60作目となる記念すべき本作で、『ズートピア』以来、再びタッグを組んだ。

 ミラベルが生まれたのは、活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家、マドリガル家。このマドリガル家に生まれる子供たちは、5歳の誕生日を迎えると1人1人違ったユニークな“魔法のギフト(才能)”を家から与えられる。その“魔法のギフト ”はそれぞれ違ったもので、花の魔法やギフトやどんなもので持ち上げることができる力(パワー)のギフトや動物と話せるギフトなど、多種多様な魔法に溢れており、マドリガル家の家族は与えられた魔法を使って、日々を楽しく彩り、町の人々の手助けをするなど、幸せな毎日を送っている。

 このたび公開された写真では、ルイーサ(パワーの魔法)、イサベラ(花の魔法)、アルマおばあちゃん、アグスティン&フリエッタ(癒しの魔法)、カミロ(変身の魔法)、ぺパ(天気の魔法)&フェリックス、ドロレス(聴力の魔法)、アントニオ(動物の魔法)の姿が描かれている。

 ルイーサはパワーの魔法を持つミラベルの次姉。魔法のギフトとして“力(パワー)のギフト”を授かった強くて力持ちで優れる働き者で、家族や町の人から頼りにされている。イサベラは花の魔法を持つミラベルの長姉。植物を成長させ、“花を咲かせるギフト”を授かり、彼女の周りにはいつもカラフルな花が咲き乱れる。美しく、気品と落ち着きを持った優等生として家族からも信頼されている。アルマおばあちゃんは、マドリガル家の女家長でミラベルの祖母。フリエッタ、ぺパ、ブルーノという三つ子を育て、“魔法”に溢れる家族の伝統を引き継いできた人物だ。

 写真奥の男性と手前の緑の服の女性、アグスティンとフリエッタは、ミラベル、イサベラ、ルイーサの3姉妹の両親だ。アルマおばあちゃんを母に持つフリエッタは愛情を持って作った食事によって人々を癒す、“癒しのギフト”を持つ。カミロは変身の魔法を持ち主でありミラベルのいとこで、ぺパとフェリックスを両親に持つ。“変身のギフト”を授かり、頭で思った人物の見た目に一瞬で変わることができる。ぺパとフェリックスは、ミラベルのおば夫婦。アルマおばあちゃんの娘であるぺパは、感情で“天気をコントロールするギフト ”を持つ。ドロレス、カミロ、アントニオの3人の子供の両親だ。ドロレスは、ミラベルのいとこ。どんなに小さな小声でも聞こえてしまうという、“聴力のギフト”を与えられる。写真最前の男の子、アントニオはミラベルのいとこで、“動物とコミュニケーションが取れるギフト”を持つ。とてもシャイな男の子だ。

 また、あわせてマドリガル家の家系図のイラストも公開された。

■公開情報
『ミラベルと魔法だらけの家』
11月26日(金)公開
監督:バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ
音楽:リン=マニュエル・ミランダ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 Disney. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる