『恋です!』は杉咲花&杉野遥亮の演技力に注目 細田佳央太、田辺桃子ら共演者にも期待大

『恋です!』杉咲花&杉野遥亮の演技力に注目

 杉咲花主演ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)が、10月6日よりスタートする。

 原作はうおやま氏の漫画『ヤンキー君と白杖ガール』(KADOKAWA)で、弱視の盲学校生ユキコ(杉咲花)と喧嘩っ早いが根は純粋なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)という通常交わることなどなさそうな2人がひょんなことから出会うところから物語は始まる。

 この2人の出会いのシーンがあまりに運命的で素敵で、森生に新しい風が吹いてきたのを感じさせる印象的なシーンに仕上がっているので、是非注目してもらいたい。

 本作の見どころは、まず何より杉咲が圧倒的な演技力で、色と光がぼんやり分かる程度の弱視のユキコの暮らしぶりや盲学校での様子を、生き生きとあまりに自然に見せてくれる点だろう。ユキコを通して、視覚障害を持つ人たちから見たこの社会の姿を知ることができる。作中、実際にどんなふうにユキコの目には見えているのか視覚的に見せてくれる場面が挟まれたり、盲目の漫談家・濱田祐太郎が登場し、視覚障害に関する豆知識を自らの体験談を交えて紹介してくれたりする面白い仕掛けも用意されている。あけすけな森生が変な遠慮もなしにユキコに質問する2人の会話からも、決して特別なものではなく身近なこととして視覚障害について感じられるのもこの作品の魅力だと思う。

 そして、そんなユキコに一目惚れする森生を演じる杉野も、本人の天然で屈託のないキャラクターも相まってか第1話目にしてハマり役ぶりが凄い。最初は杉野の善人顔や爽やかさから“喧嘩に連勝無敗”というキャラクターがいまいちマッチしないのではないかと思ったが、心配ご無用。森生のバカ正直で真っ直ぐで打算のないとびっきりの優しさと相手に壁を作らない分け隔てのなさなど、森生の全てにおいて全力で“超ド級”なところを杉野だからこそ無理なく愛らしく体現してくれている。森生の見返りを求めない容赦ない愛情に包まれ、森生とユキコそれぞれが抱える孤独に触れ初回放送からおいおい泣いてしまった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる