イタリアの児童文学をアニメ映画化 『シチリアを征服したクマ王国の物語』公開決定

 フランス・イタリア合作アニメーション映画『The Bears’ Famous Invasion of Sicily(英題)』が、『シチリアを征服したクマ王国の物語』の邦題で2022年1月14日より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺にて公開されることが決定した。

 本作は、日本では福音館書店より刊行中の『シチリアを征服したクマ王国の物語』(天沢退二郎・増山暁子訳)として知られる、1945年に発表されたイタリアで長く読み継がれてきた児童文学『La fameuse invasion des ours en Sicile』をアニメ化したもの。クマ王国に住むクマたちの物語で、ある日クマの王レオンスの息子・トニオがハンターに誘拐され、話が展開していく。厳しい冬の飢えと寒さにたまりかねていた彼らは山を降りることに。残忍な大公や化け猫、人食い鬼、幽霊、魔法使い……行手を阻む難敵を乗り越え、人間の住む平地を目指す……という多様な文化の中で他者を受け入れることの大切さをテーマにした映画だ。

 監督を務めたのは、イタリア出身・フランス在住で、『ザ・ニューヨーカー』『COSMOPOLITAN』『ル・モンド』などの雑誌のイラストを手がけるイラストレーターで、カンヌ国際映画祭やヴェネチア国際映画祭のポスターイラストなどでも知られるロレンツォ・マトッティ。故・高畑勲氏がアーティスティック・プロデューサーを務めた『レッドタートル ある島の物語』を手がけたプリマ・リネア・プロダクションズが制作プロダクションとして参加した。

 なお本作は、『名探偵コナン』『ルパン三世』ほかで知られるアニメ制作会社のトムス・エンタテインメントによる海外買い付け作品の第2弾。『アメリカン・ユートピア』など音楽やカルチャーを扱った映画の宣伝のほか、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』『ぼくの名前はズッキーニ』など手がけてきたミラクルヴォイスが配給・宣伝を担当する。

■公開情報
『シチリアを征服したクマ王国の物語』
2022年1月14日(金)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺にて公開
監督・グラフィックデザイン:ロレンツォ・マトッティ
脚本:トマ・ビデガン、ジャン=リュック・フロマンタル、ロレンツォ・マトッティ
制作プロダクション:プリマ・リネア・プロダクションズ、Pathe  France 3 Cinema  Indigo Film with Rai Cinema
アニメーション・スタジオ:3.0 studio
原作:ディーノ・ブッツァーティ『シチリアを征服したクマ王国の物語』(福音館書店刊)
提供:トムス・エンタテインメント、ミラクルヴォイス
配給:ミラクルヴォイス
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
フランス・イタリア合作/2019年/カラー/82分/ビスタサイズ/5.1ch/フランス語/原題:LA FAMEUSE INVASION DES OURS EN SICILE/日本語字幕:井村千瑞
(c)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS – PATHE FILMS – FRANCE 3 CINEMA – INDIGO FILM
公式サイト:kuma-kingdom.com
公式Twitter: @kuma_kingdomJPN



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる