『マスカレード・ナイト』で怪しい人物に? 木村佳乃、高岡早紀、麻生久美子らの華やかさ

木村佳乃、高岡早紀、麻生久美子の華やかさ

 大ヒットを記録した『マスカレード・ホテル』(2019年)の続編である『マスカレード・ナイト』。本作は、刑事に扮した木村拓哉を中心に、長澤まさみら“主役級”のキャストが勢揃いした作品だ。高級ホテルが舞台のものとあって、たいそう華やかであるが、その彩りをさらに豊かにしているのが、木村佳乃、高岡早紀、麻生久美子らベテラン女性俳優陣である。本稿では、本作における彼女らの存在の重要性について述べていきたい。

“仮面”が剥がされる瞬間に注目な曽野万智子(木村佳乃)

 前作に続き、またも事件が起こりそうな「ホテル・コルテシア東京」。ここの“常連客”である曽野昌明(勝村政信)に連れられるかたちで訪れるのが、妻である万智子(木村佳乃)とその息子だ。この高級ホテルにて、3人で新しい年を迎えようというのである。そんな万智子だが、あまりにも強烈な個性を持った人々が入り乱れるこの場では思いのほか控えめで、あくまでも“夫に連れられてきた女性”という印象。しかし本作は、「ホテルとは、仮面を被った人々がやってくる場」だといっている。そのような人々の中に、凶悪な犯罪者が身を潜めていないかと疑うのが、刑事・新田浩介(木村拓哉)の仕事である。

 先に触れているように、本作での木村佳乃は控えめな印象。だが、“常連客である夫に連れられてきた妻”という役どころに彼女が配されている事実に、怪しさを感じないわけにはいかない。昨年公開の『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』や、今年公開された『ファーストラヴ』『騙し絵の牙』で、物語に起伏を与える役どころを彼女が担ってきたことがその理由である。今作における彼女の立ち位置を明示しはしないが、やがて仮面が剥がされる瞬間があることだけは述べておこう。近作で見せてきたクセのあるキャラクターを期待して欲しい。

自信に満ち溢れた輝きが際立つ貝塚由里(高岡早紀)

 「ホテル・コルテシア東京」に一人でやってきたのだという貝塚由里(高岡早紀)。彼女には多くの観客が疑いの目を向けることだろう。大晦日の日に一人でやってきたことは別として、彼女はこのホテルの“馴染みの客”なのである。ほかの登場人物たちとの関係図を脳内に描き、貝塚がどこに位置し、それがどんな意味を持っているのか考えてしまうに違いない。しゃなりしゃなりと彼女がフロア内を歩いてみせれば、ただそれだけで目を奪われることになるだろう。自信に満ち溢れた輝きは、多くの人間が入り乱れる場でも際立っているのだ。そんな貝塚を演じる高岡早紀といえば、いまはやはり朝ドラ『おかえりモネ』(NHK総合)の“高村さん”のイメージが強いのではないだろうか。高村さんは、ヒロイン(清原果耶)が勤めるテレビ局の社会部気象班の制作進行を束ねるデスクであり、元報道キャスターだ。視聴者に伝える“情報”というものに対して非常に厳しい姿勢を取っており、いつもキリッとした佇まいが印象的な人物である。爽やかで柔らかな雰囲気に包まれている同作に、この人物はピリッとしたスパイスとして効いている。『マスカレード・ナイト』ではどのようなスパイスとして機能するのか。高岡早紀という存在が加わることで生まれる味わい深さを堪能したいとろだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる