松本潤、“中腰の男”役でテレ朝ドラマ初主演 『となりのチカラ』で遊川和彦と初タッグ

 松本潤が主演を務めるドラマ『となりのチカラ』が、2022年1月よりテレビ朝日系木曜ドラマ枠で放送されることが決定した。

 本作は、思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前な男、“中腰の男”中越チカラを描いた物語。テレビ朝日ドラマ初主演となる松本は、困っている様子の人を見ると気になって仕方なく、声をかけようかかけまいかあれこれ悩み抜いた挙句、結局いつも声をかけてしまう“中腰の男”を演じる。

 脚本を手がけるのは、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)などの遊川和彦。ドラマの舞台は都内のとあるマンション。このマンションには“様々な問題”を抱える住人が住んでおり、チカラが孤独な周囲の住人を心配し思いやり、中腰で悩みながら失敗を繰り返しながら、徐々に関係性を築き上げていく。

コメント

松本潤(中越チカラ役)

失敗しないドクターの次に、失敗だらけの中途半端な男を演じることになりました 笑。
松本潤です。
テレビ朝日で初めてドラマに出演させて頂くことになりました!
しかも脚本、監督は気鋭・遊川和彦さん。
今まで見たことのないドラマになると思います。
僕自身、どんな作品になるのかまだ想像できていません。
遊川さんに怒られないようにしながら 笑、
ガッチリ組み合って作っていきたいと思います。
現代社会の様々な問題に、中腰の中途半端な男がオロオロと立ち向かい「ほんの少しでも世界が良くなること」を願うドラマです。
大変な状況が続く日々ですが、見てくださった方が心が軽くなり、少しだけ勇気がもてる。
そんな作品にしたいと思いますので、楽しみにしていてください。

脚本・演出 遊川和彦

格好いい俳優が格好いい役をやることに猛烈な拒否反応があるへそ曲がりのぼくに、「松本潤さんで連ドラを……」というオファーがテレ朝から来たことは、ファンの方には物凄くアンラッキーなことだったかもしれません。
実際、ぼくは「今まで見たことのない情けない男をやらせたい」と即答したから。
でも、企画書を読んで、「おもしろいですね」と出演を快諾してくれたマツジュンの笑顔を見た瞬間、何だか物凄く心地よいと言うか、ほんわか幸せな気持ちになりました。
「こ、これは、主人公チカラそのものじゃないか…」と内心興奮したのを覚えています。
彼なら、決断力がなくてすぐ中腰になるけど、限りない優しさを持つこの主人公を、リアルな人間として見事に演じてくれると確信し、ワクワクが止まりません。
出口の見えない閉塞感の漂う今だからこそ、「チカラ君みたいな人が、となりにいてくれたらいいなあ」と、沢山の人が思ってくれる作品になればと心から願っています。

■放送情報
『となりのチカラ』
テレビ朝日系にて、2022年1月より放送
出演:松本潤
脚本:遊川和彦
音楽:平井真美子
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)
チーフプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ
演出: 遊川和彦 ほか
制作協力:アズバーズ
制作:テレビ朝日



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる