『サマーフィルムにのって』は現場も青春だった? 伊藤万理華×金子大地が撮影を振り返る

伊藤万理華×金子大地、共演作で“青春”経験

 映画『サマーフィルムにのって』が全国公開中だ。劇団「ロロ」主宰の三浦直之が脚本を担当、松本壮史監督がメガホンを取った本作は、時代劇を溺愛する女子高生・ハダシが映画制作に挑むSF青春映画。ハダシは、理想とする武士役にぴったりな少年・凛太郎との出会いをきっかけに、親友のビート板とブルーハワイらとともに時代劇の制作に乗り出すことに。盛り上がるハダシ組だったが、ある日、凛太郎が未来人だったことが判明する。

 リアルサウンド映画部では、主人公・ハダシを演じた伊藤万理華と、凛太郎を演じた金子大地にインタビュー。「青春」だったという撮影現場でのやりとり、三浦脚本の魅力、撮影現場で大活躍したあるアイテムのエピソードまで語ってもらった。

2人とも縁が深かった三浦直之脚本の独自性

ーーオファーを受けたときの心境は?

伊藤万理華(以下、伊藤):私はいちファンとして、三浦さんと松本(壮史)監督の長編映画を待望していたので嬉しかったです。以前、お二人の作品(TOKYO MXドラマ『ガールはフレンド』)に出演させていただいたときから映画のお話は聞いていて。一体この2人が映画を撮ったらどんな作品になるんだろうとワクワクしていたら、お話をいただいて「やったー!」って感じでした(笑)。

ーーそれは嬉しいですね。金子さんも三浦さんが脚本を担当した『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』(NHK)で主演を務めた経験があります。

金子大地(以下、金子):そうですね。『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』は自分の中でもすごく思い出深い作品ですし、この映画のオファーをいただいたときは、なんの迷いもなく「やりたい!」と思いました。

ーーお二人から見る、三浦さんの脚本の魅力は?

金子:やっぱり独自の世界観だと思います。あと、作品一つ一つに毎回余韻を感じられる時間があるんですが、僕はその時間がすごく好きですね。

伊藤:セリフの一言一言で、「あ、これは三浦さんの脚本だ」って分かるなにかがあるんです。それがなにかって言われたら説明はできないんですが、三浦さんの脚本を読んでいると、ふとした拍子にちょっとキュッと胸が苦しくなるような感覚があって、それが魅力です。

ーー本作の中で印象深いシーンは?

金子:本作はほんの少しのワンシーンでも、三浦さんの人生の中で一瞬の思い出として忘れられなかったものが詰まっている気がするんですよね。三浦さんのこれまでの脚本が好きな方ならすごく楽しんでいただけると思います。

伊藤:私は、体育館でハダシがなんで自分が映画を撮るかということをみんなに話しているシーンが思い出深いです。あのシーンは、自分の中で一番不安なシーンだったんです。普通に喋っていたら、ちょっと引っかかってしまうような場面でもあると思ったから、そうならないように自分自身がハダシとして、三浦さんが思っている通りの形で言葉を届けられるように工夫したシーンでした。

ーーお二人は今回が初共演になりますが、お互いの印象は?

金子:本当にハダシそのままだなと思いました。伊藤さんの少しシャイなところが、ハダシのキャラクターの良さにもつながっているような気がします。みんなを引っ張って駆け抜けていくようなハダシと、ハダシのためにいいのを撮ろうとする周囲のキャラクターたちという構図が本作にはあると思うんですが、自分もいち人間としてハダシを見守りたくなるんですよね。それは、やっぱり伊藤さんが演じているからこそだと思います。

ーー伊藤さんは今の金子さんの言葉を聞いていかがですか?

伊藤:すごく嬉しいです(笑)。やっぱり、「ハダシのために協力したい」とキャストの皆さんに思ってもらいたかったら、今の金子さんの言葉を聞けてすごく今日は幸せです(笑)。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる