伊藤万理華主演『息をするように』本ビジュアル&場面写真公開 岩井俊二らのコメントも

 9月18日よりユーロスペースにてレイトショー公開される伊藤万理華主演の短編映画『息をするように』の本ビジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、映画『少女邂逅』のほか、ドラマ制作やアーティストのミュージックビデオ制作などを行う枝優花監督が、シンガーソングライター・Karin.の楽曲にインスパイアされ、元乃木坂46の伊藤を主演に迎え手がけた青春短編映画。『浅田家!』『ナラタージュ』『夏への扉』など数々の映画のプロデュースを担ってきた小川真司が代表を務めるブリッジヘッドが配給を行う。

 アイデンティティも性自認も定かでない思春期の少年アキ(伊藤万理華)が、転校先で出会ったキイタ(小野寺晃良)と過ごすことで、心の奥に澱のように溜まっていた屈託を、静かに前向きに受け入れていく姿を描く。主題歌はKarin.の「過去と未来の間」が用いられており、劇中の劇伴音楽もKarin.が自ら書き下ろした。

 メインビジュアルでは、少年アキ役で男の子を演じる伊藤の横顔を使用。場面写真には、小野寺演じるキイタが伊藤演じるアキの鼻をつまむ様子などが切り取られている。

 また、映画監督の岩井俊二さん、モデル・女優のモトーラ世理奈、イラストレーター・アニメーション監督のloundrawから応援コメントも到着した。

20210814-ikiwosuruyouni-02
20210814-ikiwosuruyouni-03
20210814-ikiwosuruyouni-04
20210814-ikiwosuruyouni-05
20210814-ikiwosuruyouni-06
20210814-ikiwosuruyouni-07
previous arrow
next arrow
20210814-ikiwosuruyouni-02
20210814-ikiwosuruyouni-03
20210814-ikiwosuruyouni-04
20210814-ikiwosuruyouni-05
20210814-ikiwosuruyouni-06
20210814-ikiwosuruyouni-07
previous arrow
next arrow

応援コメント

岩井俊二

太陽と海が交差する瞬間をアルチュール・ランボオは「永遠」と表現した。
永遠のような瞬間が不意に訪れ、胸がいっぱいになる。張り裂けそうになる。
そんな瞬間を、枝優花は表現する。 「息をするように」と。

モトーラ世理奈(モデル・女優)

私も、大人になったら、分かるんだと思ってた。
いや、もうすでに大人になる前から分かってたんだ。

loundraw(イラストレーター・アニメーション監督)

普通などない現代で、自分だけの当たり前を見つけることがどれだけ困難で、苦しいか。
枝優花監督は、そんな思春期の一瞬を残酷に描きます。
ですが同時に、その奥には、大きな優しさが隠れているとも思うのです。
自分だけの当たり前を、大切にしていい。
同じ世代のクリエイターとして、とても勇気をもらう作品でした。

■公開情報
『息をするように』
9月18日(土)より、ユーロスペースにてレイトショー公開
出演:伊藤万理華、小野寺晃良
脚本・監督:枝優花
音楽:Karin.
主題歌:「過去と未来の間」作詞・作曲 Karin.(ユニバーサル シグマ)
配給:ブリッジヘッド
(c)2021 FAITH MUSIC ENTERTAINMENT INC. UNIVERSAL MUSIC LLC



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる